英語の勉強法

【キャンペーン情報有り】スタディサプリEnglishの使い方と評判

【キャンペーン情報】
6月28日まで期間限定で980円⇒600円になるキャンペーン中!先着5,000名のみ。
こちらの「スタディサプリ ENGLISH公式サイト」から申し込めば、 月額利用料が実質980円から600円になる(返金保証もあり)。さらに同時にAmazonギフト券1,200円分も進呈される。先着5,000名限定、人気アプリなのでお早めに。

英会話アプリ「スタディサプリ ENGLISH」を紹介します。
AppStoreの教育カテゴリで1位(2017年5月現在)の人気スマホアプリです。

この英語アプリ本当によくできていて、僕はとりあえずお試しで使い始めたのですが半年たった今もずっと飽きずに継続して使っています。

「スタディサプリEnglish」はストーリ形式で日常英会話が豊富、かつ1レッスンが短時間なので、英語環境を持ち歩きスキマ時間に勉強するのにちょうどいいアプリです。しかも英語を「話す」アプリなので絶対に眠くならない。頭がフル回転です。

ここではスタディサプリENGLISHの使用感や特長、このアプリを活用した英語勉強法について書いてみます。

※アプリの中身だけを知りたい人は後半部分の「概要」から読んで下さい。

 

スタディサプリENGLISHの使用感

英会話独学アプリ「スタディサプリENGLISH」

(画像引用元:スタディサプリ ENGLISH

「スタディサプリENGLISH」のウリは、「話す力」「聴く力」を楽しく鍛えることができる点にあります。

僕がこのアプリを使っていて思うのは、英語初心者の英会話入門にちょうどいいツールだな、ということ。

もっと言えば、「英会話レッスンをはじめてみたいけど、自分の英語に自信がなくて恥ずかしい思いをするから躊躇している」という状態の人が、英会話レッスンの導入として使うには最適だと思います。

もちろん、初心者だけでなく中級以上の人にとってもいい教材になる。会話のレベルを上げれば物足りさを感じることは全然なく、レベル6,7はかなり難しいのでやりごたえがあります。

僕自身も英語初心者ではないので英語を一からやり直すわけではないですけど、英語力をキープするために使っています。

スキマ時間を見つけて、アプリ相手にひたする喋っていると良い気分転換になります。いつでもどこでも英語を喋れる、この手軽さがいいですね。

スタディサプリENGLISHのコンテンツも好きな感じなので相性も良く継続できています。(※今後も随時、経過をUPしていきます。)

 

なぜスタディサプリEnglishがいいか?

f:id:mtasam:20170512191243j:plain

英語を話せるようになりたいなら、とにかく英語を聴く・話す時間を確保して継続することが重要です。英語が上達する人は英語を勉強していく中で、必ずある地点で一定期間、大量の英語のシャワーを浴びる体験をしています。

でも実際、日本で英語を独学する場合、英語漬けの環境を作り出すのは難しいです。働いている人がほとんどだし、週に1,2回1時間の英会話レッスンなどでは全然時間がたりない。文法や単語とにらめっこしても、ほとんどの人は途中でつまらなくてやめてしまう。

また、オンライン英会話は手軽に外国人と話す手段としてオススメなんですが、英語初心者ほど恥ずかしくて抵抗があり、なかなか始められないのも現実です。

● ● ●

そこで、今まで英語に挫折した人も「スタディサプリENGLISH」を使ってみてほしいと思います。このアプリ1つで以下のポイントが全てクリアできます。

  • 楽しく継続
  • 英語を話す・聴く時間を大量に確保
  • 細切れの時間で英語環境を作り出す
  • 失敗する恥ずかしさを感じなくていい

英会話アプリといっても外国人講師と話すタイプのではないので、一人で英会話の練習ができてしまいます。

 

スタディサプリENGLISHがマッチする人

スタディサプリENGLISHは以下のような英語学習者にマッチします。

  • リスニング・スピーキングを優先して鍛えたい人
  • 英語を話すことに慣れたい人
  • 一人で英語を話す練習をしたい人
  • 外国人との対話が苦手な人

これらの人は、このアプリをしっかり継続して使えば、英語力を着実に伸ばしていけます。要するに、会話重視の人ですね。

レベルは初心者からでも大丈夫です。日常会話からビジネス英語まで対応していますし、中学生から社会人まで対象になっています。もともとスタディサプリは受験用のアプリだったんです。

 

スタディサプリENGLISHがマッチしない人

逆に、このアプリと合わない人は以下の通り。

  • 読み・書きを鍛えたい人
  • TOEICや英検に特化した勉強をやりたい人
  • 文法を体系的に学びたい人
  • 「ドラマ仕立て」のコンテンツが嫌いな人

スタディサプリENGLISHは英会話アプリなので、読み書き、文法、単語力を優先的に強化したい人にはコンテンツがマッチしないです。

もちろんアプリ内に文法的な解説や単語チェックもありますが、このアプリでなくてもっと他の良質な教材を使ったほうがいいでしょう。

またいちおう、セールスコピーとして「TOEIC、英検にも!」と謳われていますが、正直これはムリがあります。各試験の各セクション対策に特化したテキストで勉強したほうが効率がいいでしょう。

スタディサプリENGLISHが万能とは言いません。

 

スタディサプリENGLISHの概要

https://eigosapuri.jp

「スタディサプリENGLISH」公式サイト

スタディサプリEnglishは「話す」「聴く」の強化に特化したアプリで、最大のメリットは「外国人の先生と対話できなくてもスピーキングとヒアリングの練習ができる」ことにある。

緊張したり、恥ずかしい思いをせずに英会話力を鍛えるられるので、羞恥心の塊である日本人がこっそり英会話を独学するのに最適のツールです

公式サイトスタディサプリ ENGLISH

料金

月額980円(税別)。1年契約にすれば20%割引きの年額9,800円(税別)。

ちなみに無料でも利用できるが、無料版だとこのアプリの良さを全く実感できないので、無料アプリを期待している人は初めから試さない方がいいです。

有料版でも無料お試し期間が1週間あるので、しっかり試したい人は一時的に有料会員になって全機能を使用した上で判断することをオススメします。(自分の合わなければ簡単に解約できる)

有料の価値は間違いなくあります。

スタディサプリENGLISHの学習メリット

このアプリの学習メリットをまとめると以下のようになる。

  • いつでもどこでも英会話の練習環境を作れる
  • 「話す力」と「聴く力」を効率良く鍛えられる
  • 日常会話が豊富なストーリ仕立ての内容で楽しくかつ実践的に勉強できる
  • レベル別に学習できるので、英語初心者でもOK
  • 外国人の先生と話せなくても一人で徹底的にスピーキングが練習できる
  • 音声認識で発音を矯正してくれる
  • 自動的に弱点を解析してリスニングを徹底強化

さすがに英会話アプリだけあって、ディクテーション、発音矯正、リスニングの弱点補正機能など、スピーキング・リスニング強化に関する機能が豊富で質が高いです。使ってみればわかるけど、このアプリの音声認識と発音矯正の的確さは凄いです。このレベルの英語アプリは見たことがないです。

個人的には、勝手にシャドーイングも取り入れて勉強しています。(←コレ結構大事なのであとで詳しく解説します)

 

スタディサプリENGLISHのコンテンツ

スタディサプリENGLISHのコンテンツを紹介しながら、このアプリの使い方を解説していきます。

コンテンツ

「スタディサプリENGLISH」のコンテンツ

(画像引用元:スタディサプリ ENGLISH

キャラクターが登場するドラマ仕立てのストーリーが用意されていて、家庭や友達との日常会話から面接や職場でのビジネス英語まで、あらゆるシチュエーションの英会話を練習できます。

さすがに有料アプリだけあって物足りなさは一切感じないですが、こういうストーリー形式がダメな人はこのアプリはやめた方がいいかもしれません。相性があるのでムリにはオススメしません。

レベルは1から7まで。各レベル240レッスン(約60時間分)と膨大な量ですけど、1つのレッスンは5~10分あれば終わるので毎日コツコツやるにはちょうどいいです。

レベル1は”Hello, I am…”から始まるので、本当の初心者からでも全然大丈夫です。逆にレベル6,7になると、ビジネスの堅い内容になったり抽象的な物事を説明したりするような内容になってくるので相当に難しいです。

レベル6や7の英語をスラスラ話せるようになれば、相当英語力がアップしている思っていいですね。

「スタディサプリENGLISH」日常英会話とビジネス英語

レベルチェック

「スタディサプリENGLISH」レベルチェック

(画像引用元:スタディサプリENGLISH

まず一番最初は、自分のレベルチェックから始めます。リスニングテストでアプリがあなたの英語力を判定してくれますが、このレベルチェックはあくまで目安です。質問は4択だし、完全に聞き取れなくても正解することができます。

それにリスニングは多少できても、スピーキング力が皆無の人も多いと思いますので、実際は判定結果よりレベルを落として始めることになります。自分はレベルチェックでレベル7と判定されましたが、やはりレベル7はスピーキングの練習をするには結構難しかったです。

大抵の人は、はじめはレベル1か2からスタートするのがいいでしょう。本当に初心者の人はまずはレベル1と2を徹底的にやればいいです。

ちなみに各レベルの目標基準は以下の通り。

レベル 英検目標 TOEIC目標
7 準1級 780点以上
6 2級 700点
4~5 2級 600点
1~3 3~5級 500点

これはあくまで公式ページ掲載されている基準の目安。レベル7は英検1級や、TOEIC900点レベルですね。

 

スタディサプリENGLISHのレビュー

スタディサプリENGLISHの各レッスンは、以下の4つのトレーニング項目で構成されています。

  1. 内容理解クイズ(リスニング)
  2. ディクテーション
  3. 会話文チェック
  4. なりきりスピーキング

以下に各項目のレビューと併せて、英会話の勉強のコツを説明していきます。

スタディサプリENGLISHの体験レビュー

内容理解クイズ(リスニング)

まずはどのレッスンも「内容理解クイズ(リスニング)」から始めます。シチュエーション英会話を一通り聴く。会話の速度は調整できるので、自分のレベルにあわせてリスニングができます。はじめはとにかく何度も何度も聞きましょう。

スタディサプリENGLISHリスニング

聞き終わったら内容に関するクイズと単語チェックがありますが、正直これはどうでも良くて、むしろ是非実践してほしいのがシャドーイングです。

シャドーイングとは聞こえてくる音声のあとを追って自分もスピーキングする手法のこと。ここでは、アプリから流れる英会話音声を聞きながら真似して口を動かすことになります。

シャドーイングは英会話力を効果的に鍛える手法として有名で、とにかくマネてマネて英語の発音や音と音のつながりを体で覚えていきます。シャドーイングは慣れないと難しいですが英語力UPに効果絶大です。僕も昔シャドーイングをさんざんやったお陰で、日本人英語ながらも最低限「英語らしく」聞こえるように話すことができるようになりました。

 

ディクテーション

スタディサプリENGLISHディクテーション

次にディクテーションに進みます。ディクテーションとは、聞いた英語を紙に書き取る作業のことですが、スタディサプリENGLISHではこれをアプリ内で行います。

ディクテーションは一文字残さず聞き取らなくてはいけないので、かなり集中してリスニングを行うことになります。これは間違いなく聴く力を鍛えるのに効果があります。

始める前は、タイピングが面倒すぎて絶対ディクテーション出来ないだろうと思っていたんですが、意外にも書くのと同じくらいのスピードで打ち込めます。スムーズに入力できるよう入力方式が工夫されているので、イライラせずに普通に使えます。

ディクテーションをスマホアプリ内でできるのはメリットが大きいですね。声を出せない場所などではディクテーションに励むのがいいです。

会話文チェック

スタディサプリENGLISH会話文チェック

各レッスンの会話内容(スクリプト)をチェックしたい場合は、「会話文チェック」を使います。ここで会話文の英語と日本語訳が確認できます。

また、各レッスンで使われた文法事項や単語もここでチェックでき、講師による解説動画(発音のコツや文法など)も用意されています。

上で説明したシャドーイングが難しい場合は、まずはここでスクリプトを見ながら話す練習をするのがいいですね。ある程度何を言ってるか理解できたら、スクリプトは見ずに音声だけを聞き、純粋にシャドーイングしましょう。

「なりきりスピーキング」

これがこのアプリのエッセンスです。アプリ相手に英会話の練習ができます。

アプリによって音声が記録され、高機能な音声認識で発音をチェックしてくれます。例えば以下の会話文を発音してみましょう。

Yeah, When you guys first came here, actually, I was a little nervous.

レベル2の会話文です。そんなに難しくはないですか。

スタディサプリENGLISHなりきりスピーキング

アプリは発音がイマイチだった箇所を音声検知し赤字で添削してくれます。この場合はどうやら、「actually」と「little nervous」がダメらしいですね。”l”と”r”,”v”がきちんと発音できていないことに反応しています。

少し油断していましたが、結構本格的にダメ出ししてきます…。それに指摘箇所も的確です。

なりきりスピーキング高性能音声認識

気を取り直してもう一度トライしてみます。

“l”には気を付けたので改善したが、”v”の発音がまだできていない言われています。やっぱりこのアプリの音声認識機能はなかなかに厳しい感じです。

なりきりスピーキング発音矯正

このとおり発音チェックもかなり高機能でいい訓練になります。これを有効活用してひたすら英語を話しまくるのが、このアプリの一番有効な使い方です。

よく使う文を何度も反復して口にしていれば、体が英文を覚えて脳内データベースにストックされます。一度ストックされた英文は無意識で使えるので、対人でも自然に英語が出てくるようになります。

 

英会話レッスンの前準備に最適

冒頭でも書きましたが、スタディサプリENGLISHは英会話スクールやオンライン英会話などで対人の実践をはじめる前の準備としていい教材になります。

英会話の実践をしなきゃとわかっていながらも、「緊張する」「恥ずかしい」という気持ちが障壁になって、なかなかはじめられない人はかなり多いと思いますので、そこをうまく橋渡ししてくれる存在がこのアプリです。

3~6ヶ月間これで勉強してから英会話レッスンを始めれば、心理的なハードルもだいぶ下がっているでしょう。

● ● ●

ただ最後には必ず、対人で英語を話すトレーニングをしなければダメです。やはり、アプリと話しているのとでは全然別物だということは理解しておきましょう。

そして、いくら「英語を話す」が優先だとしても文法の勉強は英語力のベースをあげるには不可欠なので、そこも怠らず勉強しましょう。インプット、アウトプットをバランスよく訓練して総合力をアップさせていく勉強法はこちらで紹介している。

関連【英会話の独学】日本で英語ペラペラになる最強の勉強法と優良なおすすめ本

 

キャンペーン中!1週間無料+月額600円でオトクに始める

スタディサプリENGLISHは無料でも使えるんですが、無料だと制限があり効果のあるレッスンを受けられないので、このアプリの良さを全く実感できないです。

なので、まずは全機能を使える有料会員になって1週間の無料期間を利用するのがおすすめです。

有料会員には以下の2通りあります。

1. 年間会員(9,800円/年、808円/月)
2. 1ヶ月会員(980円/月)

【キャンペーン情報】
6月28日まで期間限定で980円⇒600円になるキャンペーン中!先着5,000名のみ。
こちらの「スタディサプリ ENGLISH」から申し込めば、 月額利用料が実質980円から600円になります(返金保証もあり)。さらに同時にAmazonギフト券1,200円分も進呈されます。先着5,000名限定、人気アプリなのですぐ限定人数に到達し終了になるのでお早めに。

スタディサプリEnglishは英会話の独学に本当にオススメです。1週間無料+返金保証もあるので、これを機にまずはお試ししてみてください。

公式サイトスタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

 

堅実な英語の勉強法-インプットとアウトプット(英会話)をバランス良く

堅実な英語の勉強法

日本人の英語勉強法で最大の問題点の一つとして、圧倒的なアウトプット不足、があります。
アウトプットとは、「英語を話す」ことです。

文法や単語の知識はあるけど、その使い方を知らない、使い方を習っていない、使う場がなかった、という人が多いハズです。特に日本で独学で勉強している人は自分から能動的に動かない限り、英語を話す機会を持つことが難しいです。

 

でも、英語を話せるようになりたいなら、英語を話す練習をしないといけません。
自転車に乗れるようになりたいなら、「乗り方」の動画を見てるだけじゃなくて、実際に乗ってみて練習をしますよね。それと同じです。

アウトプットがあるからこそ、インプットが生きてくるのです。

 

インプット偏重の英語の勉強法

多くの人は、インプットは得意です。
日本人は英語に対する勉強意識は異常に高いので、かなり勉強しています。これまで色んな勉強法を試してきた人も多いはずです。

でも、多くの人が実践している英語の勉強法はインプット偏重です。「英語を使う」という部分がスッポリと抜け落ちています。
英単語帳や文法書を手に机に向かっている人、スマホの英語アプリをダウンロードして通勤時間に聞き流している人、多いでしょう。中には高額教材に手をだした人もいるかもしれません。

これはこれで立派なんですけど、やはりもっと「話す」ことを意識しないといけません。
「何のためにインプットしているか」が見えてないと、時間の浪費です。

英語の勉強:インプットとアウトプット

英語はコミュニケーションツールなので実践(目的)こそが先にあるべきです。
実際に英語を話す場があって、そこで「こういうことを話したい!」、「もっとうまく喋りたい!綺麗に発音したい!」と思うからこそ、インプットに身が入る。これが正しいプロセスです。

正しい発音、正しい文法を習うことも重要ですが、初めからそれにとらわれすぎず、まずは英語を話す場を作ることを最優先しましょう。実践していれば、そこから取り組むべき課題や自分に欠けているモノは必ず浮かび上がってきます。

「全然聞き取ってもらえなかった」、「言いたいことが言えなかった」、「うまく通じた」、「前よりいい表現ができた」、こういったフィードバックがあってはじめて、インプットへのモチベーションが高まり、学習の質が向上します。




堅実な英語の勉強法、3つのおすすめ教材

ここから具体的にいきます。堅実な英語の勉強法です。

まず教材ですが、英語の教材はできるだけ絞りましょう。
書籍の帯のコピーやネットの怪しい情報に踊らされて色んな教材に手をだすと、どれも中途半端で終わります。

特に初めのころは、良質な教材だけを厳選して、それを信じて一定期間愚直に続けましょう。
途中で浮気しない。

ここでは3つ良質な教材を紹介します。

  1. 英会話    - NativeCamp
  2. スピーキング - 瞬間英作文
  3. インプット  - English Grammar in Use

とりあえず、この3つをベースに据えて英語学習に取り組めば、結果はついてくるはずです。

それぞれ、詳しく説明します。

さすがにアルファベットからという超初心者はもっと初歩的な教材が必要ですが、この記事を読んでいる人のほとんどはそういうレベルではないと思います。

 

英会話-NativeCamp(ネイティブキャンプ)

まずアウトプットの場として、英会話は不可欠です。
英会話もスクールやオンラインなど色々とカタチはありますが、おすすめがNativeCamp(ネイティブキャンプ)です。

https://nativecamp.net
ネイティブキャンプ(NativeCamp)

「レッスン受け放題」で大量のアウトプットを実現できる

おすすめの理由は、ネイティブキャンプは「レッスン受け放題」のオンライン英会話だからです。月額4,950円です。
コストを気にせず、何度でも英会話レッスンを受けられるので、大量のアウトプットをこなすには本当に最適です。
何度も何度も失敗を繰り返せばいいです。

1回いくらの英会話だと、学習コストが気になって躊躇してしまう可能性があります。
本気で英語をマスターしたいと思っているのに、レッスン料が気になって大事な実践を削ってしまうというのは、すごくもったいないです。

365日24時間いつでも受け放題、いつでも英語を話す場を持てるというのはすごく貴重なので、日本で英語を勉強するならこれを利用しない手はないです。

もちろん、他に同じようにレッスン受け放題の英会話があればおすすめしますが、現時点ではネイティブキャンプ以外ないのです。




ネイティブキャンプの質

レッスン受け放題のウラを気にされる人もいるでしょうが、全然問題ないです。僕も実際試しました。
こういうメリットがあります。

  • ネイティブキャンプの講師は全員フィリピン人なので、英語の質は高い
    (変に東欧の英語講師に繋がれてしまう英会話サービスよりも断然いいです。)
  • 日本人カウンセラーが常駐していますので初心者でも安心です、どんな小さな疑問や不安でも相談できる
  • フィリピン人講師は明るくて愛嬌があって、思っているより楽しく英会話できる

とはいっても、僕の個人の感想の域をでないので、まず無料体験で試してみることをオススメします。1週間の無料体験ができます。そして、この無料体験期間もレッスン受け放題です。

オンライン英会話、はじめは戸惑う人も多いのですが、フィリピン人講師が優しくサポートしてくれるので多くの人が継続できる人気のオンライン英会話です。
NativeCamp.(ネイティブキャンプ)無料体験|レッスンが24時間受け放題!

 

スピーキング-瞬間英作文

次はスピーキングの勉強法です。
頭の中の話したいことを、素早く英語として口にするトレーニングです。

「瞬間英作文」はこのトレーニングに最適な教材です。
この教材は超有名なので、知っている人も多いかと思います。出版から10年くらいたっていますが、未だにAmazonの「英会話」カテゴリでベストセラー書籍ですね。英語学習者の間ではもの凄く評価の高い英語教材です。

とにかくスピーキング力を鍛えることに特化したアウトプット重視の教材です。やることは単純ですが、愚直に続けて量をこなしていけば、本当に大きな力になります。

瞬間英作文のメリット

瞬間英作文のいいところは、とにかく大量に英語を喋りまくれるところ。
素早く英作文するトレーニングを何度も何度も繰り返すことによって、英語を体で覚えていきます。「こういうときはこう言う」という英文ストックが、大量に頭の中にできるんですね。脳内のデータベースに大量のデータを蓄積しているわけです。

やることは単純なので、瞬間英作文は飽きられやすのですが、本当に大事なことをやっているのです。例えば、

  • この本は良い本です。
  • これらは子供向けの本です
  • あの少年達は中学生です。
  • これらの車はとても高い。

こういう中学レベルの文を素早く英作文していきます。
中・高で英語をそれなりに勉強した人には簡単な文ですね。でも、これらを瞬間的に英作文して喋るというのは、なかなかできないですよ。アウトプットに慣れていない人がほとんどでしょうから。

使い慣れた表現は、スッと口からでますよね。過去に通じた実績にある文章は自信をもって使えますよね。そういうストックが多い人ほど、英語がうまく喋れるわけです。

「英語を話せる」人になる

英語を上手に話せる人が英語を話すときに頭の中で何をしているかというと、

  1. まず上述したデータベースが土台があって
  2. 過去に蓄積したデータの中から適切な表現を選び
  3. その表現の主語や目的語を微妙に調整する

これを瞬間的に繰り返して臨機応変に話します。その瞬間瞬間で文法的なチェックはしていないです。
簡単にいえば、英語を「話し慣れている」ということです。

つまり、このデータのストックがないと、「えー、あー」といいながらその場で考え込むことになります。

 

もう一度補足しておきますが、このデータベースというのは断片的な文法や単語の知識のことではないです。これを読み違えないで下さい。

「実績のある英文ストック」をデータといっています。
このデータストックは「使ったことがある」という経験と、「相手に通じた」という実績によって形成されるので、文法的な正しさや通じる発音もこのデータにすでに紐づけされています。

このデータストックは英語を話すことによってしか得られません。瞬間英作文と英会話でこのストックを作ります。

細かい瞬間英作文の使い方はこちらで書いているので、参考にしてもらいたいです。
English Grammar in Useと「瞬間英作文」は英語上達に絶好の英語勉強法




インプット-English Grammar in Use

最後にインプット。文法です。
アウトプットの機会が少ない人が多いので、アウトプットを中心に話してきましたが、インプットがなくていいわけではないです。

文法は全ての土台になります。英語の基礎力です。

日本人は学校教育や独学でかなり文法を勉強してきているので、そこそこはできるはずです。
でもそれがリアルで使える知識かというと、疑わしいです。個々の文法知識はあるものの、こういう場面では使えない、この状況ではこっちの表現が適している、よりナチュラルに聞こえるなどの「使い方」の部分はやはり習っていないはずです。

これを学べる教材として、English Grammar in Useがあります。全世界1500万超の大ベストセラー英文法書です。

このサイトは、English Grammar in Useを紹介するサイトですので、本書の解説や使い方・勉強法については他の記事で徹底的に解説しています。
あえてこの記事では詳しく書きませんが、「使える英語」を学ぶには最適な教材です

具体的に重要箇所をあげるならば、

  • Unit7~10 – 現在完了
  • Unit13~16 – 現在完了と過去形、過去完了
  • Unit19 – 現在時制の未来活用
  • Unit23 – willとbe going to
  • Unit38 – if I doとif I did
  • Unit26~36 – Modals(助動詞)
  • Unit69~80 – aとthe 単数/複数
  • Unit137~145 – フレイザル・バーブ(句動詞)

これらのユニットは、英語を話す上で本当に重要なことが書かれている最重要パートです。

もちろんEnglish Grammar in Useが完璧とはいいません。抜けている文法事項もあります。でも、間違いなく良質な教材です。それは30年に渡る実績と評価に裏付けされています。

English Grammar in Useに興味のある人は、このサイト内に色々と記事がありますので、読んでみて下さい。

はじめての「English Grammar in Use」-世界1500万部超のベストセラー英文法書の良さを説明します
【よくある質問】Grammar in Useの疑問に答えます(種類/レベル/評価/アプリ版/eBook/勉強法/使い方)
【どれがいいの!?】English Grammar in Useの種類と選び方
効果的なEnglish Grammar in Useの使い方と英語勉強法

 

最後に

この記事では、

  • 良質なインプット
  • 大量のアウトプット

この2点をしっかり押さえた英語の勉強法を解説してきました。それなりに自信のある英語の勉強法です。

しかし英語をマスターするためには、あともう一つ、「明確な目的」が必要です。
これは個人に依存する部分なので、ここでは教えられません。自分の中の英語に対するモチベーションをもう一度確認してください。

目的が明確で、手段が的確なら必ず英語はマスターできます!

「バイリンガール英会話」で紹介されたEnglish Grammar in Useの使い方と英語勉強法のヒント

有名な英語学習動画「バイリンガール英会話」で、English Grammar in Useを使った英語の勉強法を詳しく解説してくれていますので、紹介しておきます。

高橋さんの英語勉強法はこうです。

英語学習にはプロセス2段階あります。

  1. 基礎を固める
  2. 量をこなす

日本人には、どちらも足りていないと言います。以下で詳しく説明します。

続きを読む

効果的なEnglish Grammar in Useの使い方と英語勉強法

English Grammar in Use(イングリッシュ・グラマーインユース)の使い方について書いてみますが、「この本をどうすすめていくか」という部分については、正直あまりコツみたいなものはありません。あえて言うなら、「愚直に学習をすすめる」のが一番のコツです。

ここでは、そういう意味の「使い方」ではなくて、English Grammar in Useを使ってどう英語をマスターするかという意味での「使い方」に重点をおいて解説します。

続きを読む

error: 盗用対策としてコンテンツを保護しています。