初心者にもわかるEnglish Grammar in Useの解説 日本人が英語が話せない理由と勉強法

堅実な英語の勉強法-インプットとアウトプット(英会話)をバランス良く

堅実な英語の勉強法

日本人の英語勉強法で最大の問題点の一つとして「圧倒的なアウトプット不足」があります。
アウトプットとは「英語を話す」ことです。

文法や単語の知識はあるけど、その使い方を知らない、使い方を習っていない、使う場がなかった、という人が多いハズです。特に日本で独学で勉強している人は自分から能動的に動かない限り、英語を話す機会を持つことが難しいです。

でも、英語を話せるようになりたいなら、英語を話す練習をしないといけません。
自転車に乗れるようになりたいなら、「乗り方」の動画を見てるだけじゃなくて、実際に乗ってみて練習をしますよね。それと同じです。

英語は勉強というより「運動」と捉えべきです。口を動かさないと身につきません。

 

インプット偏重の英語の勉強法

多くの人は、インプットは得意です。

英単語帳や文法書を手にして机に向かっている人、スマホの英語アプリをダウンロードして通勤時間に聞き流している人、多いでしょう。中には高額教材に手をだした人もいるかもしれません。

日本人は英語に対する勉強意識は異常に高いので、かなり勉強しています。でも、多くの人が実践している英語の勉強法はインプット偏重です。「英語を使う・英語を話す」という部分がスッポリと抜け落ちているケースが多いです。やはりもっと「話す」ことを意識しないといけません。

むしろ、実践(話す)こそが先にあるべきです。英語はコミュニケーションツールです。話さないと話せるようにならない。

英語の勉強:インプットとアウトプット

英語を学ぶなら、とにかくアウトプット(英語を話す)の場を用意しましょう

実際に英語を話す機会があると、取り組むべき課題や自分に欠けているモノは自然と浮かび上がってきます。

英会話で「こういうことを話したい!」、「もっとうまく喋りたい!綺麗に発音したい!」と思うからこそ、インプットに身が入るし楽しいと感じます。

それに「全然聞き取ってもらえなかった」、「言いたいことが言えなかった」、「うまく通じた」、「前よりいい表現ができた」、こういったフィードバックがあってはじめて、インプットへのモチベーションが高まり、学習の質が向上します。

これが健全な英語の学習プロセスです。上の図のように、インプットとアウトプットをクルクル回しながら英語力を伸ばしていくのが理想です。

逆に、正しい発音、正しい文法を習っても、それを実践する場がないと達成感も感じられないし、自分の英語が通じるんだという自信も生まれてきません。そもそも、つまらないです。

インプットは重要です。重要ですが、アウトプットがあるからこそインプットが生きてくるのです。インプットだけというのはもうやめましょう。

 




堅実な英語の勉強法におすすめの4つの教材

ここから具体的にいきます。堅実な英語の勉強法です。

まず教材ですが、英語の教材はできるだけ絞りましょう。
書籍の帯のコピーやネットの怪しい情報に踊らされて色んな教材に手をだすと、どれも中途半端で終わります。

特に初めのころは、良質な教材だけを厳選して、それを信じて一定期間愚直に続けましょう。途中で浮気しない。

ここでは4つ良質な教材を紹介します。

  1. 英会話アプリ ― スタディサプリENGLISH
  2. 英会話    - ネイティブキャンプ
  3. スピーキング - 瞬間英作文
  4. インプット  - English Grammar in Use

とりあえず、これらをベースに据えて英語学習を継続すれば、結果は必ずついてきます。

以降で、それぞれ詳しく説明します。

 

英会話アプリ―スタディサプリENGLISH

英語に自信のない人は、英会話アプリを使ってまずは1人で会話の練習をすることをおすすめします。

英語を話す練習というと、オンライン英会話などが真っ先に思いつきますが、いきなり英会話レッスンを始めるのは抵抗がある人も多いでしょう。

オンライン英会話が難しい理由は「恥ずかしいから」「いきなり外国人と話すなんてできない」「自分の英語に自信がないから」ですよね。

特に英語初心者はこういう気持ちが強いと思います。僕も昔同じだったんでよくわかります。ある程度ひとりで練習してから、本番に臨みたいという気持ちがあります。

これを解決してくれる優秀なスマホアプリが「スタディサプリENGLISH」です。1人で英会話の練習ができます。

オンライン英会話などで実践をはじめる前の準備にちょうどいいアプリなので、3~6ヶ月これで勉強してから英会話レッスンを始めれば、心理的なハードルもだいぶ下がります。

スタディサプリENGLISHは、2017年5月現在iPhoneのアプリストアでNo.1人気の英語学習アプリです。これが凄く高機能でコンテンツも楽しくて実践的です。本当におすすめです。僕も英語力をキープするためにずっと使っています。

スタディサプリENGLISHでとにかく喋りまくろう

https://eigosapuri.jp/

スタディサプリENGLISHは話す・聴く力を強化ための英会話アプリです。あらゆるシチュエーションの会話が用意されています。

スタディサプリEnglishの最大のメリットは「外国人の先生と話さなくてもスピーキングとヒアリングの練習ができる」ことにあります。緊張したり、恥ずかしい思いをせずに英会話力を鍛えるられるので、日本人の英会話独学に最適のツールです。

具体的に言えば、英会話力を伸ばすのに必要なシャドーイング、ディクテーション、スピーキングを徹底的にトレーニングできます。音声認識で発音の矯正もしてくれます。

このアプリの詳しい内容や使い方、勉強法ついては下の記事で詳しく書いているので参考にして下さい。
【人気!キャンペーン中】スタディサプリEnglishで楽しく効果的に英語力UP

スタディサプリENGLISHのメリットとキャンペーン

このアプリのメリットをまとめると以下のようになります。

  • いつでもどこでも英会話トレーニングができる
  • 「話す力」と「聴く力」を効率良く鍛えられる
  • 日常会話が豊富なストーリ仕立ての内容で楽しくかつ実践的に勉強できる
  • レベル別に学習できるので、英語初心者でもOK
  • 外国人の先生と話せなくてもスピーキングが練習できる
  • 「なりきりスピーキング」で緊張、恥ずかしさなし
  • 「リスニングPLUS」でリスニングを徹底強化

英会話アプリだけあって、スピーキング、リスニングに関する機能が満載です。

英会話をはじめたいけど自分の英語に自信がなくてためらっている人は、ぜひお試しください。

有料アプリ(月額980円)ですが、有料の価値は絶対あります。このアプリはホントにおすすめなのでお試ししてみてください。(無料版もあるんですが、無料版だとこのアプリの機能をほとんど使えなくて時間の無駄なので試さないほうがいいです。)

【期間限定+人数限定のキャンペーン情報】
6月28日まで期間限定で月額980円⇒600円になるキャンペーン中です!先着5,000名のみ。
このサイトから申し込んだ人は、1週間無料+返金保証付きでスタディサプリENGLISHを利用開始できます。1年契約にすれば月額利用料が実質980円から600円になる上に、合わなければ返金も可能です。さらに同時にAmazonギフト券1,200円分も進呈されますので、実質月額500円になります。

(※6/14最新情報)5000名到達間近です!人気アプリなのでお試しはお早めに。

まずはぜひ1週間の無料期間を利用してこのアプリを試してみて下さい。

手順や入力に不備があるとキャンペーン適用されないので、必ず下のリンクをクリックして申し込み画面に進んで下さい。

公式サイトスタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!

 

英会話-NativeCamp(ネイティブキャンプ)

まずアウトプットの場として、英会話は不可欠です。
英会話もスクールやオンラインなど色々とカタチはありますが、1番のおすすめがNativeCamp(ネイティブキャンプ)です。

https://nativecamp.net
ネイティブキャンプ(NativeCamp)

「レッスン受け放題」で大量のアウトプットを実現できる

おすすめの理由は、ネイティブキャンプは「レッスン受け放題」のオンライン英会話だからです。月額4,950円です。
コストを気にせず、何度でも英会話レッスンを受けられるので、大量のアウトプットをこなすには本当に最適です。
何度も何度も失敗を繰り返せばいいです。

1回いくらの英会話だと、学習コストが気になって躊躇してしまう可能性があります。
本気で英語をマスターしたいと思っているのに、レッスン料が気になって大事な実践を削ってしまうというのは、すごくもったいないです。

365日24時間いつでも受け放題、いつでも英語を話す場を持てるのは貴重なので、日本で英語を勉強するならこれを利用しない手はないです。

もちろん、他に同じようにレッスン受け放題の英会話があればおすすめしますが、現時点ではネイティブキャンプ以外ないのです。




ネイティブキャンプの質

レッスン受け放題のウラを気にされる人もいるでしょうが、全然問題ないです。僕も実際試しました。体験レビューが読みたい人は以下を参考にして下さい。

レビュー【体験レビュー】英会話初心者にはネイティブキャンプがおすすめ!

ネイティブキャンプはのメリットは以下の通りです。

  • ネイティブキャンプの講師は全員フィリピン人なので、英語の質は高い
    (変に東欧の英語講師に繋がれてしまう英会話サービスよりも断然いいです。)
  • 日本人カウンセラーが常駐しているので初心者でも安心です、どんな小さな疑問や不安でも相談できる
  • フィリピン人講師は明るくて愛嬌があって、思っているより楽しく英会話できる

とはいっても、僕の個人の感想の域をでないので、まず無料体験で試してみることをオススメします。1週間の無料体験ができます。そして、この無料体験期間もレッスン受け放題です。(10回無料レッスンを受けてもいいんですよ!)

オンライン英会話、はじめは戸惑う人も多いのですが、フィリピン人講師が優しくサポートしてくれるので多くの人が継続できる人気のオンライン英会話です。
公式サイトNativeCamp.(ネイティブキャンプ)無料体験|レッスンが24時間受け放題!

レッスンし放題ではないですが、他にも評判のよいオンライン英会話があるので、いろいろ試してから決めるのもありです。どれも2回または3回、無料体験はできるので活用しましょう。

下の2つは大手で安心感があります。講師の質も高いし、初心者のサポートも厚いです。
DMM英会話
レアジョブ英会話 

 

スピーキング-瞬間英作文

次に、スピーキングにもう少し特化したい人向けの勉強法です。
頭の中の話したいことを、素早く英語として口にするトレーニングです。

「瞬間英作文」はこのトレーニングに最適な教材です。
この教材は超有名なので、知っている人も多いかと思います。出版から10年くらいたっていますが、未だにAmazonの「英会話」カテゴリでベストセラー書籍ですね。英語学習者の間ではもの凄く評価の高い英語教材です。

とにかくスピーキング力を鍛えることに特化したアウトプット重視の教材です。やることは単純ですが、愚直に続けて量をこなしていけば、本当に大きな力になります。

瞬間英作文のメリット

瞬間英作文のいいところは、とにかく大量に英語を喋りまくれるところ。
素早く英作文するトレーニングを何度も何度も繰り返すことによって、英語を体で覚えていきます。「こういうときはこう言う」という英文ストックが、大量に頭の中にできるんですね。脳内のデータベースに大量のデータを蓄積しているわけです。

やることは単純なので、瞬間英作文は飽きられやすのですが、本当に大事なことをやっているのです。例えば、

  • この本は良い本です。
  • これらは子供向けの本です
  • あの少年達は中学生です。
  • これらの車はとても高い。

こういう中学レベルの文を素早く英作文していきます。
中・高で英語をそれなりに勉強した人には簡単な文ですね。でも、これらを瞬間的に英作文して喋るというのは、なかなかできないですよ。アウトプットに慣れていない人がほとんどでしょうから。

使い慣れた表現は、スッと口からでますよね。過去に通じた実績にある文章は自信をもって使えますよね。そういうストックが多い人ほど、英語がうまく喋れるわけです。

「英語を話せる」人になる

英語を上手に話せる人が英語を話すときに頭の中で何をしているかというと、

  1. まず上述したデータベースが土台があって
  2. 過去に蓄積したデータの中から適切な表現を選び
  3. その表現の主語や目的語を微妙に調整する

これを瞬間的に繰り返して臨機応変に話します。その瞬間瞬間で文法的なチェックはしていないです。
簡単にいえば、英語を「話し慣れている」ということです。

つまり、このデータのストックがないと、「えー、あー」といいながらその場で考え込むことになります。

 

もう一度補足しておきますが、このデータベースというのは断片的な文法や単語の知識のことではないです。これを読み違えないで下さい。

「実績のある英文ストック」をデータといっています。
このデータストックは「使ったことがある」という経験と、「相手に通じた」という実績によって形成されるので、文法的な正しさや通じる発音もこのデータにすでに紐づけされています。

このデータストックは英語を話すことによってしか得られません。瞬間英作文と英会話でこのストックを作ります。

細かい瞬間英作文の使い方はこちらで書いているので、参考にしてもらいたいです。
English Grammar in Useと「瞬間英作文」は英語上達に絶好の英語勉強法




インプット-English Grammar in Use

最後にインプット。文法です。
アウトプットの機会が少ない人が多いので、アウトプットを中心に話してきましたが、インプットがなくていいわけではないです。

文法は全ての土台になります。英語の基礎力です。

日本人は学校教育や独学でかなり文法を勉強してきているので、そこそこはできるはずです。
でもそれがリアルで使える知識かというと、疑わしいです。個々の文法知識はあるものの、こういう場面では使えない、この状況ではこっちの表現が適している、よりナチュラルに聞こえるなどの「使い方」の部分はやはり習っていないはずです。

これを学べる教材として、English Grammar in Useがあります。全世界1500万超の大ベストセラー英文法書です。

このサイトは、English Grammar in Useを紹介するサイトですので、本書の解説や使い方・勉強法については他の記事で徹底的に解説しています。
あえてこの記事では詳しく書きませんが、「使える英語」を学ぶには最適な教材です

具体的に重要箇所をあげるならば、

  • Unit7~10 – 現在完了
  • Unit13~16 – 現在完了と過去形、過去完了
  • Unit19 – 現在時制の未来活用
  • Unit23 – willとbe going to
  • Unit38 – if I doとif I did
  • Unit26~36 – Modals(助動詞)
  • Unit69~80 – aとthe 単数/複数
  • Unit137~145 – フレイザル・バーブ(句動詞)

これらのユニットは、英語を話す上で本当に重要なことが書かれている最重要パートです。

もちろんEnglish Grammar in Useが完璧とはいいません。抜けている文法事項もあります。でも、間違いなく良質な教材です。それは30年に渡る実績と評価に裏付けされています。

English Grammar in Useに興味のある人は、このサイト内に色々と記事がありますので、読んでみて下さい。

はじめての「English Grammar in Use」-世界1500万部超のベストセラー英文法書の良さを説明します
【よくある質問】Grammar in Useの疑問に答えます(種類/レベル/評価/アプリ版/eBook/勉強法/使い方)
効果的なEnglish Grammar in Useの使い方と英語勉強法

 

最後に

この記事では、

  • 良質なインプット
  • 大量のアウトプット

この2点をしっかり押さえた英語の勉強法を解説してきました。それなりに自信のある英語の勉強法です。もしよかったら参考にして下さい。

全世界1500万部超の大ベストセラー英文法書で学ぶ「使える英語」

English Grammar in Useは「使える英語」を学ぶための最高の英文法書です。世界中の語学学校で使用され、英語を学ぶ学生と英語を教える教師が愛用し、そして支持する名書。英語基礎力の構築に最適です。

【イギリス英語版】

-初級:Essential Grammar in Use
-中級:English Grammar in Use
-上級:Advanced Grammar in Use

【アメリカ英語版】

-初級:Basic Grammar in Use
-中級:Grammar in Use Intermediate

自分に合う1冊を調べる/最新価格をチェックする

「English Grammar in Useパーフェクトガイド」をSNSでフォローする。

error: 盗用対策としてコンテンツを保護しています。