初心者にもわかるEnglish Grammar in Useの解説 日本人が英語が話せない理由と勉強法

堅実な英語の勉強法-インプットとアウトプット(英会話)をバランス良く

堅実な英語の勉強法

日本人の英語勉強法で最大の問題点の一つとして「圧倒的なアウトプット不足」があります。
アウトプットとは「英語を話す」ことです。

英語を話せるようになりたいなら、英語を話す練習をしないといけません。
自転車に乗れるようになるためには、「乗り方」の動画を見るだけじゃなくて、実際に自転車に乗って練習をしますよね。それと同じです。

英語は勉強というより「運動」と捉えべきです。口を動かさないと身につきません。

 

インプット偏重の英語の勉強法

日本人の多くの人は、インプットは得意です。単語と文法ですね。

英会話に必要な能力を以下のチャートのように6つの要素で示した場合、日本人の英会話力は濃い青の部分のようになります。

偏ってますね。英語を話す練習をしないので、当然といえば当然です。

英単語帳や文法書を手にして机に向かっている人、スマホの英語アプリで通勤時間に聞き流している人、多いでしょう。

日本人は英語に対する勉強意識は異常に高いので、かなり勉強しています。でも、多くの人はインプット偏重です。「英語を使う・英語を話す」という部分がスッポリと抜け落ちているケースが多いです。

やはりもっと「話す」ことを意識しないといけません。むしろ、実践(話す)こそが先にあるべきです英語はコミュニケーションツールです。話さないと話せるようにならない。

もっとチャート図の左側の部分を強化しましょう。

英会話能力チャート_日本人の弱点

独学で英語を勉強するなら、アウトプット(英語を話す)の場を用意しましょう。実際に英語を話す機会があると、取り組むべき課題や自分に欠けているモノは自然と浮かび上がってきます。英語の勉強:インプットとアウトプット

例えば、英会話レッスンの場があったとします。

英会話で「こういうことを話したい!」、「もっとうまく喋りたい!綺麗に発音したい!」と思うからこそ、インプットに身が入るし英語が楽しいと感じます。

また、「全然聞き取ってもらえなかった」、「言いたいことが言えなかった」、「うまく通じた」、「前よりいい表現ができた」、こういったフィードバックがあってはじめて、インプットへのモチベーションが高まり、学習の質が向上します。

これが健全な英語の学習プロセスです。上の図のように、インプットとアウトプットをクルクル回しながら英語力を伸ばしていくのが理想です。

逆に、正しい発音、正しい文法を習っても、それを実践する場がないと達成感も感じられないし、自分の英語が通じるんだという自信も生まれてきません。そもそも、つまらないです。

インプットは重要です。重要ですが、アウトプットがあるからこそインプットが生きてくるのですインプットだけというのはもうやめましょう。




堅実な英語の勉強法におすすめの教材

ここから具体的にいきましょう。堅実な英語の勉強法とそのための教材です。

まず教材ですが、僕が今まで使った中で効果のあったモノを紹介します。

  1. アウトプット ― スタディサプリ ENGLISH
  2. インプット  - English Grammar in Use

アウトプットには『スタディサプリEnglish』が本当に秀逸でおすすめです。詳しくは後に書いてますが、話す&聴く力を集中的に鍛えられるので、とにかく英語を話す練習をしたい人には最適のアプリです。

英語のアウトプットと言いつつ、アプリ?と思うかもしれませんね。もちろん本当は、英会話のマンツーマンレッスンや外国人の友だちを作るのがいいのですが、はじめはハードルが高いですよね?つたない英語を話すのは恥ずかしいですからね。

その気持もよくわかるので、まずは1人で徹底的に英会話の練習ができる『スタディサプリEnglish』をおすすめしています。僕も昔、色んなシチュエーションの英文を暗記して、ひたすら一人でブツブツつぶやいていました。

インプットに関しては、このサイトでさんざん紹介している『English Grammar in Use』が1冊あれば十分です。

とりあえず、この2つをベースに英語学習を継続すれば、結果は必ずついてきます。

以降で、それぞれ詳しく説明します。

 

英会話アプリ―スタディサプリENGLISH

上でも書きましたが、いきなり英会話レッスンは心理的に難しいですね。

特に英語初心者は、「恥ずかしいから」「いきなり外国人と話すなんてできない」「自分の英語に自信がないから」という気持ちが強いと思います。僕も昔同じだったんでよくわかります。ある程度ひとりで練習してから、本番に臨みたいという気持ちがあります。

これを解決してくれる優秀なスマホアプリが「スタディサプリ ENGLISH」です。1人で英会話の練習ができます。

上で指摘した、日本人の英語力の弱点を見事に補ってくれます。

スタディサプリEnglishの英会話能力チャート

とりあえず、これを3~6ヶ月続けてみましょう。必ず効果が実感できるはずです。

スタディサプリENGLISHは、2017年5月現在iPhoneのアプリストアでNo.1人気の英語学習アプリです。これが凄く高機能でコンテンツも楽しくて実践的です。本当におすすめです。僕も英語力をキープするためにずっと使っています。

スタディサプリENGLISHでとにかく喋りまくろう

https://eigosapuri.jp/

スタディサプリENGLISHは話す・聴く力を強化ための英会話アプリです。あらゆるシチュエーションの会話が用意されています。

スタディサプリEnglishの最大のメリットは「外国人の先生と話さなくてもスピーキングとヒアリングの練習ができる」ことにあります。緊張したり、恥ずかしい思いをせずに英会話力を鍛えるられるので、日本人の英会話独学に最適のツールです。

具体的に言えば、英会話力を伸ばすのに必要なシャドーイング、ディクテーション、スピーキングを徹底的にトレーニングできます。音声認識で発音の矯正もしてくれます。

このアプリの詳しい内容や使い方、勉強法ついては下の記事で詳しく書いているので参考にして下さい。
【人気!キャンペーン中】スタディサプリEnglishで楽しく効果的に英語力UP

スタディサプリENGLISHのメリットとキャンペーン

このアプリのメリットをまとめると以下のようになります。

  • いつでもどこでも英会話トレーニングができる
  • 「話す力」と「聴く力」を効率良く鍛えられる
  • 日常会話が豊富なストーリ仕立ての内容で楽しくかつ実践的に勉強できる
  • レベル別に学習できるので、英語初心者でもOK
  • 外国人の先生と話せなくてもスピーキングが練習できる
  • 「なりきりスピーキング」で緊張、恥ずかしさなし
  • 「リスニングPLUS」でリスニングを徹底強化

英会話アプリだけあって、スピーキング、リスニングに関する機能が満載です。

英会話をはじめたいけど自分の英語に自信がなくてためらっている人は、ぜひお試しください。

有料アプリ(月額980円)ですが、有料の価値は絶対あります。このアプリはホントにおすすめなのでお試ししてみてください。(無料版もあるんですが、無料版だとこのアプリの機能をほとんど使えなくて時間の無駄なので試さないほうがいいです。)

【期間限定キャンペーン】
スタディサプリEnglishをじっくり試したい人は、当サイト限定のキャンペーンコードもあるのでぜひ使って下さい。
無料期間が1週間⇒1ヶ月に延長されます。

特別キャンペーンコードを使った申し込み手順は以下を参考にして下さい。画像付きで説明しています。
【キャンペーンコードを使おう!】スタディサプリENGLISHのお得なはじめ方

スタディサプリEnglishは英会話の独学に本当にオススメです。無料期間を利用してまずはお試ししてみてください。

公式サイトスタディサプリ ENGLISH




インプット-English Grammar in Use

最後にインプット。文法です。
アウトプットの機会が少ない人が多いので、アウトプットを中心に話してきましたが、インプットがなくていいわけではないです。

文法は全ての土台になります。英語の基礎力です。

日本人は学校教育や独学でかなり文法を勉強してきているので、そこそこはできるはずです。
でもそれがリアルで使える知識かというと、疑わしいです。個々の文法知識はあるものの、こういう場面では使えない、この状況ではこっちの表現が適している、よりナチュラルに聞こえるなどの「使い方」の部分はやはり習っていないはずです。

これを学べる教材として、English Grammar in Useがあります。全世界1500万超の大ベストセラー英文法書です。

このサイトは、English Grammar in Useを紹介するサイトですので、本書の解説や使い方・勉強法については他の記事で徹底的に解説しています。

以下の通り、ネイティブの感覚を教えてくれる実践的な英文法書です。

English Grammar in Useの英語力チャート

以下のユニットは、英語を話す上で本当に重要なことが書かれている最重要パートですのでお見逃しなく。

  • Unit7~10 – 現在完了
  • Unit13~16 – 現在完了と過去形、過去完了
  • Unit19 – 現在時制の未来活用
  • Unit23 – willとbe going to
  • Unit38 – if I doとif I did
  • Unit26~36 – Modals(助動詞)
  • Unit69~80 – aとthe 単数/複数
  • Unit137~145 – フレイザル・バーブ(句動詞)

もちろんEnglish Grammar in Useが完璧とはいいません。抜けている文法事項もあります。でも、間違いなく良質な教材です。それは30年に渡る実績と評価に裏付けされています。

English Grammar in Useに興味のある人は、このサイト内に色々と記事がありますので、読んでみて下さい。

はじめての「English Grammar in Use」-世界1500万部超のベストセラー英文法書の良さを説明します
【よくある質問】Grammar in Useの疑問に答えます(種類/レベル/評価/アプリ版/eBook/勉強法/使い方)
効果的なEnglish Grammar in Useの使い方と英語勉強法

 

最後に

この記事では、

  • 良質なインプット
  • 大量のアウトプット

この2点をしっかり押さえた英語の勉強法を解説してきました。それなりに自信のある英語の勉強法です。

上記に加えて、オンライン英会話などで実践をつめばかなり英会話力がつくことでしょう。

全世界1500万部超の大ベストセラー英文法書で学ぶ「使える英語」

English Grammar in Useは「使える英語」を学ぶための最高の英文法書です。世界中の語学学校で使用され、英語を学ぶ学生と英語を教える教師が愛用し、そして支持する名書。英語基礎力の構築に最適です。

【イギリス英語版】

-初級:Essential Grammar in Use
-中級:English Grammar in Use
-上級:Advanced Grammar in Use

【アメリカ英語版】

-初級:Basic Grammar in Use
-中級:Grammar in Use Intermediate

自分に合う1冊を調べる/最新価格をチェックする

「English Grammar in Useパーフェクトガイド」をSNSでフォローする。

error: 盗用対策としてコンテンツを保護しています。