English Grammar in Use(イングリッシュ・グラマーインユース)

世界的なベストセラー英文法書English Grammar in Use(イングリッシュグラマーインユーズ)について詳しく説明したいと思います。具体的には、本書の世界での評判や学習者の評価・レビュー、種類や学習レベル、学習メリット、そしてその使い方や勉強法まで1つ1つ詳しく解説していきます。

この本は世界中の英語学習者と英語教師が声をそろえて賞賛する英文法書なので、そのクオリティに疑う余地はないのですが、洋書ということもあり日本語で書かれた詳しい情報をネットで見つけることは難しいです。いい情報がないというよりは、断片的にはあるのですが1箇所にまとまっていないんです。

だから、正しい情報をここに集約して、この本に興味のある人に役立てれればいいなと思います。

続きを読む

はじめての「English Grammar in Use」-世界1500万部超のベストセラー英文法書の良さを説明します

この記事は、English Grammar in Use(イングリッシュ・グラマーインユース)を全く知らない人向けに書いています。

  • English Grammar in Useとはどういう本なのか
  • この本がなぜ最高の文法書と世界中で評価されるのか
  • 学習メリットは何なのか

などを、できるだけ簡潔に説明していきます。

続きを読む

【キャンペーンコードを使おう!】スタディサプリENGLISHのお得なはじめ方

当サイト限定のキャンペーンコードを使った、スタディサプリEnglishの会員登録手順を解説します。

難しくはありませんが、キャンペーンコードを確実に適用できるように画像付きで案内します。

スタディサプリEnglishの会員登録方法

まず、スタディサプリEnglishの公式サイトに行きます。

※当サイト特別キャンペーンコードを利用する場合は、まず以下をクリックしてからはじめて下さい。
公式サイトスタディサプリENGLISH

公式サイトの「1週間無料体験はこちら」をクリックします。

下のようなリクルートIDのログイン画面になるので、リクルートIDを持っていない人は新規作成します。(すでに持っている人はそのままログインして下さい。)

会員登録画面

新規会員登録へ進むと、メールアドレスの登録画面になるので入力します。

スタディサプリENGLISH登録画面

このあと、登録したアドレスにリクルートから仮登録のメールが届きますので、メール本文中の「本登録のURL」をクリックして登録を進めていきます。

登録画面で個人情報(名前や性別など)を入力したら完了です。

リクルートID登録

ここから先が、「スタディサプリEnglish」の申し込みになります。

クレジットカード決済の場合は、12ヶ月プラン(9,800円)と月々プラン(980円)が選べます。12ヶ月プランだと割引がきくのでオトクです。

スタディサプリENGLISH申し込み

とりあえず短期間試してみたいという人や数ヶ月だけ勉強したい人は、月々プランがいいでしょう。いずれにしろ無料体験期間は付いてきます。

クレジットカード決済以外にキャリア(ドコモ、ソフトバンク、AU)決済も可能です。

プランを決めたら、キャンペーンコードの入力を忘れずに。無料体験期間が1週間から1ヶ月に延長されます。

f:id:mtasam:20170518011542j:plain

当サイト経由で申し込む場合のキャンペーンコードは「TRY2016」です。手順や入力に不備があると適用されませんので気をつけて下さい。

ここから申し込むと確実です。▼▼
公式サイトスタディサプリENGLISH

申し込み内容の確認画面できちんと、コードが反映されているか確認しましょう。下のようになっていればキャンペーンが適用になっています。入力したコードが表示され、「1ヶ月無料」になっていますね。

f:id:mtasam:20170518024434j:plain

もし失敗していると、下のようになります。コードも「なし」、「1週間無料」となっています。

f:id:mtasam:20170518025221j:plain

この場合は、もう一度コチラから入り直してキャンペーンコードを入力し直して下さい。
公式サイトスタディサプリENGLISH

正しく入力されたことを確認して「お支払に進む」をクリックします。もう一度申込内容を確かめて終了です。

キャンペーン申し込み確認

スタディサプリEnglishがスグに始められます。もちろんアプリなので、スマホに入れて持ち歩きましょう。

スタディサプリENGLISH登録完了

スタディサプリEnglishを使って効率良く英会話力を伸ばす勉強法は下の記事で詳しく書いています。

アプリ【評判・人気!】「スタディサプリEnglish」の使い方と勉強法

なぜ英語ができないの?その理由と効果的な勉強法を真面目に話します

効果的な英語の勉強法

日本人は英語が話せない。

中学、高校で最低6年は英語というものを習っているのにアジアでも最低レベルです。

僕は、日本人は日本人にあった方法で英語を勉強をするべきだと思っています。
弱点をしっかり認識した上で学習に取り組めば、日本人の英語も必ず伸びていきます。何が悪いのか何が苦手なのか、英語を話すためには何が必要なのかがわかっていないから失敗する可能性が高いのです。

この記事では、まず日本人英語の問題点を洗い出し、それぞれをどのように克服するかを具体的に説明していきます。そして対策として必要な教材も明確に指定します。

少し長くなりますが、今の英語力を改善したいと考えている方はおつきあい下さい。

続きを読む

英会話力UPに効果あり!スタディサプリEnglishの使い方

【期間限定キャンペーン】
7月20日まで!月額980円⇒817円に特別割引+Amazonギフト券1,500円進呈。さらに今だけ、1週間無料+
返金保証付き

無料期間が1週間⇒1ヶ月に延長される、当サイト限定のキャンペーンコードもあるのでぜひ使って下さい。先着5,000名限定。人気No1英語アプリなのでお早めに。詳しくはページ下へ。

僕は英語の勉強はインプットとアウトプットをバランスよく進めるべきだと考えています。

インプットとは単語や文法など知識を吸収することです。アウトプットとはその知識を使って英語を話すこと、会話をすることです。

英語の勉強:インプットとアウトプット

この概念的な話は他の記事で書いていますので、興味のある人は下の記事を参考にしてください。

堅実な英語の勉強法-インプットとアウトプット(英会話)をバランス良く
効果的なEnglish Grammar in Useの使い方と英語勉強法

ここでは、アウトプットに最適な英会話アプリ「スタディサプリ ENGLISH」を紹介します
スタディサプリENGLISHは、AppStoreの教育カテゴリで1位(2017年5月現在)の人気スマホアプリで、話す・聴く力を効率的に伸ばしてくれる優秀なアプリです。入門レベルの英語初心者でも大丈夫です。

実は僕も英語力キープのために、スタディサプリEnglishをお試しで使い始めたのですが半年たった今もずっと飽きずに継続して使っています。

このスタディサプリENGLISHとEnglish Grammar in Useを組み合わせた勉強法がとても効果的で楽しいので、その学習方法についても解説していきます。

 

スタディサプリENGLISH

https://eigosapuri.jp

スタディサプリENGLISH

スタディサプリEnglishは「話す」「聴く」の強化に特化したアプリで、最大のメリットは「外国人の先生と対話できなくてもスピーキングとヒアリングの練習ができる」ことにあります。

緊張したり、恥ずかしい思いをせずに英会話力を鍛えるられるので、日本人がこっそり英会話を独学するのに最適のツールです。英会話をはじましょう!といってもなかなか難しいんですよね。

「スタディサプリEnglish」はストーリ形式のコンテンツがベースにあり、日常英会話からビジネス英語まで学べます。レベル分けもあるので初心者も全然大丈夫です。また、1つのレッスンが短時間(5分程度)なので、英語環境を持ち歩きスキマ時間に勉強するのにちょうどいいアプリです。

そして最大の魅力が、楽しいことです。ストーリーはもちろん、機能面でも高品質ですし、なにより飽きないような仕掛けが沢山用意されています。英語学習の最大の難関「継続」が可能です。

公式サイトスタディサプリ ENGLISH

料金

月額980円(税別)。1年契約にすれば20%割引きの年額9,800円(税別)。

当サイト限定の特別キャンペーンコードもあり。詳しくはページ下へ。

 

 

スタディサプリENGLISHの学習メリット

このアプリの学習メリットをまとめると以下のようになります。

  • いつでもどこでも英会話の練習環境を作れる
  • 「話す力」と「聴く力」を効率良く鍛えられる
  • 日常会話が豊富なストーリ仕立ての内容で楽しくかつ実践的に勉強できる
  • レベル別に学習できるので、英語初心者でもOK
  • 外国人の先生と話せなくても一人で徹底的にスピーキングが練習できる
  • 音声認識で発音を矯正してくれる
  • 自動的に弱点を解析してリスニングを徹底強化

さすがに英会話アプリだけあって、ディクテーション、発音矯正、リスニングの弱点補正機能など、スピーキング・リスニング強化に関する機能が豊富で質が高いです。使ってみればわかりますが、このアプリの音声認識と発音矯正の的確さは本当に凄いです。

1人で発音からスピーキング、英会話まで勉強できるのは画期的です。

 

なぜスタディサプリEnglishがいいか?

f:id:mtasam:20170512191243j:plain

英語を話せるようになりたいなら、とにかく英語を聴く・話す時間を確保して継続することが重要です。英語が上達する人は英語を勉強していく中で、必ずある地点で一定期間、大量の英語のシャワーを浴びる体験をしています。

でも実際、日本で英語を独学する場合、英語漬けの環境を作り出すのは難しいです。働いている人がほとんどだし、週に1,2回1時間の英会話レッスンなどでは全然時間がたりない。文法や単語とにらめっこしても、ほとんどの人は途中でつまらなくてやめてしまう。

そこで、今まで英語に挫折した人も「スタディサプリENGLISH」を一度試してみてほしいと思います。このアプリ1つで以下のポイントが全てクリアできます。

  • 楽しく継続
  • 英語を話す・聴く時間を大量に確保
  • 細切れの時間で英語環境を作り出す
  • 失敗する恥ずかしさを感じなくていい

英会話アプリといっても外国人講師と話すタイプのではないので、一人で英会話の練習ができてしまいます。

 

スタディサプリENGLISHを6ヶ月使った感想

英会話アプリ

(画像引用元:スタディサプリ ENGLISH

僕がこのアプリを使っていて思うのは、英会話初心者にピッタリなツールだということ。

日本人の英語の勉強は単語や文法などのインプットに偏りがちなので、知識はあるけど喋れない人が多いですね。そういう人は、英語初心者ではなくても英会話初心者です。

そういう人の中には、英語を話せるようになるには英会話しなきゃなと頭ではわかっている人も多いでしょう。でも、「自分の英語に自信がなくて恥ずかしい思いをするから躊躇している」という気持ちもありますね。

スタディサプリENGLISHはそのギャップを埋めてくれる存在です。英会話に必要なトレーニングを全て1人でできます。

● ● ●

もちろんこのアプリは、初心者だけでなく中級以上の人にとってもいい教材になります。会話のレベルを上げれば物足りさを感じることは全然ないです。それどころか、レベル6,7はかなり難しいので少し自信のある人も、ついていくのが大変だと思います。

僕自身も英語初心者ではないので英語を一からやり直すわけではないですけど、英語力をキープするためにずっと使っています。

スキマ時間を見つけて、アプリ相手にひたする喋っていると良い気分転換になりますし、いつでもどこでも英語を喋れる、この手軽さがいいですね。

スタディサプリENGLISHのコンテンツも好きな感じなので相性も良く継続できています。(※今後も随時、経過をUPしていきます。)

 

スタディサプリENGLISHがマッチする人

スタディサプリENGLISHは以下のような英語学習者にマッチします。

  • リスニング・スピーキングを優先して鍛えたい人
  • 英語を話すことに慣れたい人
  • 一人で英語を話す練習をしたい人
  • 外国人との対話が苦手な人

これらの人は、このアプリをしっかり継続して使えば、英語力を着実に伸ばしていけます。要するに、会話重視の人ですね。

レベルは初心者からでも大丈夫です。日常会話からビジネス英語まで対応していますし、中学生から社会人まで対象になっています。もともとスタディサプリは受験用のアプリだったんです。

 

スタディサプリENGLISHがマッチしない人

逆に、このアプリと合わない人は以下の通り。

  • 読み・書きを鍛えたい人
  • TOEICや英検に特化した勉強をやりたい人
  • 文法を体系的に学びたい人
  • 「ドラマ仕立て」のコンテンツが嫌いな人

スタディサプリENGLISHは英会話アプリなので、読み書き、文法、単語力を優先的に強化したい人にはコンテンツがマッチしないです。

スタディサプリENGLISHが万能とは言いません。

もちろんアプリ内に文法的な解説や単語チェックもありますが、このアプリでなくてもっと他の良質な教材を使ったほうがいいでしょう。

あとで解説しますが、このスタディサプリENGLISHで補えない点をEnglish Grammar in Useでカバーできます。これが、僕がこの2つの組み合わせが最高の英語学習だと感じる理由です。

 

 

スタディサプリENGLISHのコンテンツ

スタディサプリENGLISHのコンテンツを紹介しながら、このアプリの使い方を解説していきます。

コンテンツ

スタディサプリENGLISHのコンテンツ

(画像引用元:スタディサプリ ENGLISH

キャラクターが登場するドラマ仕立てのストーリーが用意されていて、家庭や友達との日常会話から面接や職場でのビジネス英語まで、あらゆるシチュエーションの英会話を練習できます。

さすがに有料アプリだけあって物足りなさは一切感じないですが、こういうストーリー形式がダメな人はこのアプリはやめた方がいいかもしれません。相性があるのでムリにはオススメしません。

レベルは1から7まで。各レベル240レッスン(約60時間分)と膨大な量ですけど、1つのレッスンは5~10分あれば終わるのでスキマ時間を見つけて毎日コツコツやるにはちょうどいいです。

レベル1は”Hello, I am…”から始まるので、本当の初心者からでも全然大丈夫です。逆にレベル6,7になると、ビジネスの堅い内容になったり抽象的な物事を説明したりするような内容になってくるので相当に難しいです。

レベル6や7の英語をスラスラ話せるようになれば、相当英語力がアップしている思っていいですね。

 

レベルチェック

スタディサプリENGLISHのレベルチェック

(画像引用元:スタディサプリENGLISH

まず一番最初は、自分のレベルチェックから始めます。リスニングテストでアプリがあなたの英語力を判定してくれますが、このレベルチェックはあくまで目安です。質問は4択ですし、完全に聞き取れなくても正解することができます。

それにリスニングは多少できても、スピーキング力が皆無の人も多いと思いますので、実際は判定結果よりレベルを落として始めることになります。自分はレベルチェックでレベル7と判定されましたが、やはりレベル7はスピーキングの練習をするには結構難しかったです。

大抵の人は、はじめはレベル1か2からスタートするのがいいでしょう。本当に初心者の人はまずはレベル1と2を徹底的にやればいいです。

ちなみに各レベルの目標基準は以下の通り。「目標」ですので、そのレベルを目指す人が対象です。

レベル 英検目標 TOEIC目標
7 準1級 780点以上
6 2級 700点
4~5 2級 600点
1~3 3~5級 500点

これはあくまで公式ページ掲載されている基準の目安。レベル7は感覚的には、英検1級、TOEIC900点レベルだと思います。

 

スタディサプリENGLISHのレビューと学習のコツ

スタディサプリENGLISHの各レッスンは、以下の4つのトレーニング項目で構成されています。

  1. 内容理解クイズ(リスニング)
  2. ディクテーション
  3. 会話文チェック
  4. なりきりスピーキング

以下に各項目のレビューと併せて、英会話の勉強のコツを説明していきます。

内容理解クイズ(リスニング)

まずはどのレッスンも「内容理解クイズ(リスニング)」から始めます。シチュエーション英会話を一通り聴く。会話の速度は調整できるので、初心者の人は「普通」を選択すれば、会話がゆっくりになります。はじめはとにかく何度も何度も聞きましょう。

スタディサプリENGLISHのリスニング

聞き終わったら内容に関するクイズと単語チェックがありますが、正直これはどうでも良くて、むしろここで是非実践してほしいのがシャドーイングです

シャドーイングとは聞こえてくる音声のあとを追って自分もスピーキングする手法のことです。ここでは、アプリから流れる英会話音声を聞きながら真似して口を動かすことになります。

シャドーイングは英会話力を効果的に鍛える手法として有名で、とにかくネイティブの発音を真似して英語の発音や音と音のつながりを体で覚えていきます。シャドーイングははじめは難しいですが英語力UPに効果絶大です。

僕も昔シャドーイングをさんざんやったお陰で、日本人英語ながらも最低限「英語らしく」聞こえるように話すことができるようになりました。絶対に取り入れて下さい。

ディクテーション

スタディサプリENGLISHのディクテーション

次にディクテーションに進みます。ディクテーションとは、聞いた英語を紙に書き取る作業のことですが、スタディサプリENGLISHではこれをアプリ内で行います。

ディクテーションは一文字残さず聞き取らなくてはいけないので、かなり集中してリスニングを行うことになります。間違いなく聴く力が鍛えられます。

始める前は、タイピングが面倒すぎて絶対ディクテーション出来ないだろうと思っていたんですが、意外にも書くのと同じくらいのスピードで打ち込めます。スムーズに入力できるよう入力方式が工夫されているので、イライラせずに普通に使えます。

ディクテーションをスマホアプリ内でできるのはメリットが大きいですね。声を出せない場所などではディクテーションに励むのがいいです。

会話文チェック

スタディサプリENGLISHの会話文チェック

各レッスンの会話内容(スクリプト)をチェックしたい場合は、「会話文チェック」を使います。ここで会話文の英語と日本語訳が確認できます。

また、各レッスンで使われた文法事項や単語もここでチェックでき、講師による解説動画(発音のコツや文法など)も用意されています。

上で説明したシャドーイングが難しい場合は、まずはここでスクリプトを見ながら話す練習をするのがいいです。ある程度何を言ってるか理解できたら、スクリプトは見ずに音声だけを聞き、純粋にシャドーイングしましょう。

「なりきりスピーキング」

これがこのアプリのエッセンスです。アプリ相手に英会話の練習ができます。

アプリによって音声が記録され、高機能な音声認識で発音をチェックしてくれます。例えば以下の会話文を発音してみましょう。

Yeah, When you guys first came here, actually, I was a little nervous.

レベル2の会話文です。そんなに難しくはないです。

なりきりスピーキングの音声認識

アプリは発音がイマイチだった箇所を音声検知し赤字で添削してくれます(下図)。この場合はどうやら、「actually」と「little nervous」がダメらしいですね。”l”と”r”,”v”がきちんと発音できていないことに反応しています。

なりきりスピーキングの音声認識

少し油断していましたが、結構本格的にダメ出ししてきます…。それに指摘箇所も的確です。

気を取り直してもう一度トライしてみます。

“l”には気を付けたので改善したが、”v”の発音がまだできていない言われています。やっぱりこのアプリの音声認識機能はなかなかに厳しい感じです。

なりきりスピーキングの音声認識

このとおり発音チェックもかなり高機能でいい訓練になります。これを有効活用してひたすら英語を話しまくるのが、このアプリの一番有効な使い方です。

よく使う文を何度も反復して口にしていれば、体が英文を覚えて脳内データベースにストックされます。一度ストックされた英文は無意識で使えるので、対人でも自然に英語が出てくるようになります。

 

スタディサプリENGLISHとEnglish Grammar in Useは最高の組み合わせ

上でスタディサプリENGLISHのデメリット部分はEnglish Grammar in Useで補えるといいました。具体的に説明しましょう。

話す⇔文法チェックを繰り返そう!

スタディサプリENGLISHは話す・聴くに特化したアプリですので、文法を体系的に学ぶという点においては弱いです。アプリ内には単語チェックや文法解説の動画も用意されていますが、正直な所、この部分は他の教材で学習したほうがいいです。

なので、スタディサプリENGLISHでトレーニングしているときは、文法は一切気にせず聴くことと話すことに集中しましょう。

トレーニングしていると会話文の中で文法的に気になるところが出てきます。

例えば、「ここの部分、現在完了で話しているけど、なぜ過去形じゃないんだろう?」という疑問も湧いてくるかもしれません。「”will”を使っているけど”be going to”じゃダメなのかな?」、「過去の話じゃないのに”could”で話してるゾ」なんて思う場面もあるかもしれません。

そういう文法的な疑問を抱いたら、English Grammar in Useを開いて下さい。辞書的に使って調べてみて下さい。それがもし自分が理解していない部分であれば、解説をよんで演習問題をときましょう。

その後またスタディサプリENGLISHに戻って、同じ会話文をスピーキングしてみましょう。同じ英文でも文の構造を理解したあとでは全然別物に感じるはずです。

インプット⇔アウトプットで「使える英語」になる

はじめは読まされただけの英会話文が、文法的な構造を理解したことによって「自分の身についた英文」になります。そしてそれをまた口にすることによって「自分が使える英文」になります。

こうして「使える文」が増えていけば、場面によって主語や動詞を入れ替えて多様な文を作ることができるようになります。応用が効くという状態です。

このようにスタディサプリENGLISHを使えば、1人でインプット⇔アウトプットを繰り返せるんですね。これを最低でも3~6ヶ月続けてください。全然変わってくると思います。しかも、話す、聴く、読む、書く、すべての英語力がバランスよく伸びていきます。理想的な勉強法です。

 

当サイト限定キャンペーン中!無料期間1週間+Amazonギフト券1,500円

スタディサプリENGLISHは無料でも使えるんですが、無料だと制限があり効果のあるレッスンを受けられないので、このアプリの良さを全く実感できないです。なので、まずは全機能を使える有料会員になって無料期間を利用するのがおすすめです。

【期間限定キャンペーン】
7月20日まで!月額980円⇒817円に特別割引+Amazonギフト券1,500円進呈。さらに今だけ、1週間無料+
返金保証付き

無料期間が1週間⇒1ヶ月に延長される、当サイト限定のキャンペーンコードもあるのでぜひ使って下さい。先着5,000名限定。人気No1英語アプリなのでお早めに。

特別キャンペーンコードを使った申し込み手順は以下を参考にして下さい。画像付きで説明しています。
【キャンペーンコードを使おう!】スタディサプリENGLISHのお得なはじめ方

スタディサプリEnglishは英会話の独学に本当にオススメです。無料期間を利用してまずはお試ししてみてください。

申込みは以下よりどうぞ。

公式サイトスタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!


堅実な英語の勉強法-インプットとアウトプット(英会話)をバランス良く

堅実な英語の勉強法

日本人の英語勉強法で最大の問題点の一つとして「圧倒的なアウトプット不足」があります。
アウトプットとは「英語を話す」ことです。

英語を話せるようになりたいなら、英語を話す練習をしないといけません。
自転車に乗れるようになるためには、「乗り方」の動画を見るだけじゃなくて、実際に自転車に乗って練習をしますよね。それと同じです。

英語は勉強というより「運動」と捉えべきです。口を動かさないと身につきません。

 

インプット偏重の英語の勉強法

日本人の多くの人は、インプットは得意です。単語と文法ですね。

英会話に必要な能力を以下のチャートのように6つの要素で示した場合、日本人の英会話力は濃い青の部分のようになります。

偏ってますね。英語を話す練習をしないので、当然といえば当然です。

英単語帳や文法書を手にして机に向かっている人、スマホの英語アプリで通勤時間に聞き流している人、多いでしょう。

日本人は英語に対する勉強意識は異常に高いので、かなり勉強しています。でも、多くの人はインプット偏重です。「英語を使う・英語を話す」という部分がスッポリと抜け落ちているケースが多いです。

やはりもっと「話す」ことを意識しないといけません。むしろ、実践(話す)こそが先にあるべきです英語はコミュニケーションツールです。話さないと話せるようにならない。

もっとチャート図の左側の部分を強化しましょう。

英会話能力チャート_日本人の弱点

独学で英語を勉強するなら、アウトプット(英語を話す)の場を用意しましょう。実際に英語を話す機会があると、取り組むべき課題や自分に欠けているモノは自然と浮かび上がってきます。英語の勉強:インプットとアウトプット

例えば、英会話レッスンの場があったとします。

英会話で「こういうことを話したい!」、「もっとうまく喋りたい!綺麗に発音したい!」と思うからこそ、インプットに身が入るし英語が楽しいと感じます。

また、「全然聞き取ってもらえなかった」、「言いたいことが言えなかった」、「うまく通じた」、「前よりいい表現ができた」、こういったフィードバックがあってはじめて、インプットへのモチベーションが高まり、学習の質が向上します。

これが健全な英語の学習プロセスです。上の図のように、インプットとアウトプットをクルクル回しながら英語力を伸ばしていくのが理想です。

逆に、正しい発音、正しい文法を習っても、それを実践する場がないと達成感も感じられないし、自分の英語が通じるんだという自信も生まれてきません。そもそも、つまらないです。

インプットは重要です。重要ですが、アウトプットがあるからこそインプットが生きてくるのですインプットだけというのはもうやめましょう。




堅実な英語の勉強法におすすめの教材

ここから具体的にいきましょう。堅実な英語の勉強法とそのための教材です。

まず教材ですが、僕が今まで使った中で効果のあったモノを紹介します。

  1. アウトプット ― スタディサプリENGLISH
  2. インプット  - English Grammar in Use

アウトプットには『スタディサプリEnglish』が本当に秀逸でおすすめです。詳しくは後に書いてますが、話す&聴く力を集中的に鍛えられるので、とにかく英語を話す練習をしたい人には最適のアプリです。

英語のアウトプットと言いつつ、アプリ?と思うかもしれませんね。もちろん本当は、英会話のマンツーマンレッスンや外国人の友だちを作るのがいいのですが、はじめはハードルが高いですよね?つたない英語を話すのは恥ずかしいですからね。

その気持もよくわかるので、まずは1人で徹底的に英会話の練習ができる『スタディサプリEnglish』をおすすめしています。僕も昔、色んなシチュエーションの英文を暗記して、ひたすら一人でブツブツつぶやいていました。

インプットに関しては、このサイトでさんざん紹介している『English Grammar in Use』が1冊あれば十分です。

とりあえず、この2つをベースに英語学習を継続すれば、結果は必ずついてきます。

以降で、それぞれ詳しく説明します。

 

英会話アプリ―スタディサプリENGLISH

上でも書きましたが、いきなり英会話レッスンは心理的に難しいですね。

特に英語初心者は、「恥ずかしいから」「いきなり外国人と話すなんてできない」「自分の英語に自信がないから」という気持ちが強いと思います。僕も昔同じだったんでよくわかります。ある程度ひとりで練習してから、本番に臨みたいという気持ちがあります。

これを解決してくれる優秀なスマホアプリが「スタディサプリENGLISH」です。1人で英会話の練習ができます。

上で指摘した、日本人の英語力の弱点を見事に補ってくれます。

スタディサプリEnglishの英会話能力チャート

とりあえず、これを3~6ヶ月続けてみましょう。必ず効果が実感できるはずです。

スタディサプリENGLISHは、2017年5月現在iPhoneのアプリストアでNo.1人気の英語学習アプリです。これが凄く高機能でコンテンツも楽しくて実践的です。本当におすすめです。僕も英語力をキープするためにずっと使っています。

スタディサプリENGLISHでとにかく喋りまくろう

https://eigosapuri.jp/

スタディサプリENGLISHは話す・聴く力を強化ための英会話アプリです。あらゆるシチュエーションの会話が用意されています。

スタディサプリEnglishの最大のメリットは「外国人の先生と話さなくてもスピーキングとヒアリングの練習ができる」ことにあります。緊張したり、恥ずかしい思いをせずに英会話力を鍛えるられるので、日本人の英会話独学に最適のツールです。

具体的に言えば、英会話力を伸ばすのに必要なシャドーイング、ディクテーション、スピーキングを徹底的にトレーニングできます。音声認識で発音の矯正もしてくれます。

このアプリの詳しい内容や使い方、勉強法ついては下の記事で詳しく書いているので参考にして下さい。
【人気!キャンペーン中】スタディサプリEnglishで楽しく効果的に英語力UP

スタディサプリENGLISHのメリットとキャンペーン

このアプリのメリットをまとめると以下のようになります。

  • いつでもどこでも英会話トレーニングができる
  • 「話す力」と「聴く力」を効率良く鍛えられる
  • 日常会話が豊富なストーリ仕立ての内容で楽しくかつ実践的に勉強できる
  • レベル別に学習できるので、英語初心者でもOK
  • 外国人の先生と話せなくてもスピーキングが練習できる
  • 「なりきりスピーキング」で緊張、恥ずかしさなし
  • 「リスニングPLUS」でリスニングを徹底強化

英会話アプリだけあって、スピーキング、リスニングに関する機能が満載です。

英会話をはじめたいけど自分の英語に自信がなくてためらっている人は、ぜひお試しください。

有料アプリ(月額980円)ですが、有料の価値は絶対あります。このアプリはホントにおすすめなのでお試ししてみてください。(無料版もあるんですが、無料版だとこのアプリの機能をほとんど使えなくて時間の無駄なので試さないほうがいいです。)

【期間限定キャンペーン】
7月20日まで!月額980円⇒817円に特別割引+Amazonギフト券1,500円進呈。さらに今だけ、1週間無料+
返金保証付き

無料期間が1週間⇒1ヶ月に延長される、当サイト限定のキャンペーンコードもあるのでぜひ使って下さい。先着5,000名限定。人気No1英語アプリなのでお早めに。

特別キャンペーンコードを使った申し込み手順は以下を参考にして下さい。画像付きで説明しています。
【キャンペーンコードを使おう!】スタディサプリENGLISHのお得なはじめ方

スタディサプリEnglishは英会話の独学に本当にオススメです。無料期間を利用してまずはお試ししてみてください。

公式サイトスタディサプリ ENGLISH まずは無料体験!




インプット-English Grammar in Use

最後にインプット。文法です。
アウトプットの機会が少ない人が多いので、アウトプットを中心に話してきましたが、インプットがなくていいわけではないです。

文法は全ての土台になります。英語の基礎力です。

日本人は学校教育や独学でかなり文法を勉強してきているので、そこそこはできるはずです。
でもそれがリアルで使える知識かというと、疑わしいです。個々の文法知識はあるものの、こういう場面では使えない、この状況ではこっちの表現が適している、よりナチュラルに聞こえるなどの「使い方」の部分はやはり習っていないはずです。

これを学べる教材として、English Grammar in Useがあります。全世界1500万超の大ベストセラー英文法書です。

このサイトは、English Grammar in Useを紹介するサイトですので、本書の解説や使い方・勉強法については他の記事で徹底的に解説しています。

以下の通り、ネイティブの感覚を教えてくれる実践的な英文法書です。

English Grammar in Useの英語力チャート

以下のユニットは、英語を話す上で本当に重要なことが書かれている最重要パートですのでお見逃しなく。

  • Unit7~10 – 現在完了
  • Unit13~16 – 現在完了と過去形、過去完了
  • Unit19 – 現在時制の未来活用
  • Unit23 – willとbe going to
  • Unit38 – if I doとif I did
  • Unit26~36 – Modals(助動詞)
  • Unit69~80 – aとthe 単数/複数
  • Unit137~145 – フレイザル・バーブ(句動詞)

もちろんEnglish Grammar in Useが完璧とはいいません。抜けている文法事項もあります。でも、間違いなく良質な教材です。それは30年に渡る実績と評価に裏付けされています。

English Grammar in Useに興味のある人は、このサイト内に色々と記事がありますので、読んでみて下さい。

はじめての「English Grammar in Use」-世界1500万部超のベストセラー英文法書の良さを説明します
【よくある質問】Grammar in Useの疑問に答えます(種類/レベル/評価/アプリ版/eBook/勉強法/使い方)
効果的なEnglish Grammar in Useの使い方と英語勉強法

 

最後に

この記事では、

  • 良質なインプット
  • 大量のアウトプット

この2点をしっかり押さえた英語の勉強法を解説してきました。それなりに自信のある英語の勉強法です。

上記に加えて、オンライン英会話などで実践をつめばかなり英会話力がつくことでしょう。

error: 盗用対策としてコンテンツを保護しています。