初心者にもわかるEnglish Grammar in Useの解説 日本人が英語が話せない理由と勉強法

Basic Grammar in Useの2017年最新版が登場!CD-ROMからeBOOK対応に

Grammar in Useのアメリカ英語版「Basic Grammar in Use(ベイシック・グラマーインユース)」の第4版(4th Edition)が2017年9月21に出版されました。

アメリカ版英語版の改訂は7年ぶりです。

本家イギリス英語版は2015年に第4版が出版され、タブレットで学習できるeBook版が登場しました。今回のBasic Grammar in Useの改訂はeBook化の流れに追従するものです。

今後、アメリカ英語版の中級編「Grammar in Use Intermediate」も同様にeBOOK対応されて第4版が出版されるでしょう。

Basic Grammar in UseはTOEICでいえば500点に満たない英語初心者向けの内容です。イギリス英語版ではEssential Grammar in Useと同レベル同内容となります。

Baisic Grammar in Useの詳細や使い方については以下で書いていますので参考にして下さい。
Basic Grammar in Useのレベル、使い方、勉強法、レビュー、評価など

ここでは、最新版の内容を見ていきましょう。

 

Basic Grammar in Use最新版の内容

eBook対応

最新版の最大の特徴は、eBook対応されたという点です。

これまでアメリカ英語版はCD-ROM版しかなくて時代遅れ的な印象はありましたが、今回のeB00k対応でコンテンツの持ち運びが自由になりました。もうCDプレーヤも要りませんね。

ただどうやら、この最新エディションではCD-ROM版は出版されていません。完全廃版となったようです。出版元のCambridge Uviversity Pressのホームページを見ても掲載されていませんので、これは確実でしょう。

イギリス英語の最新エディションではebook付き、CD-ROM付き、どちらもなし、の3つの選択肢があったのですが、アメリカ英語版ではそうではないようです。

Basic Grammar in Useを手に入れたい人はeBook付き版しかありませんので注意です。

※いずれにしろテキストはありますのでご安心下さい。

内容

内容は変わりません。

著者もRaymond Murphy(レイモンドマーフィ)さんで変わっていませんので世界的超ベストセラーの品質がそのまま引き継がれます。

レベル

学習レベルは、初心者向けです。英語を英語で学びたい人のための英文法入門書という位置付けです。

ものすごくわかりやすい単語と大量のイラストで丁寧に解説されていますので、無理なく読み進めていくことできます。

 

値段と購入ガイド

今回の最新エディションでは、eBook付き版とeBookなし版が発売されました。

(コレに加え、解答なし(演習問題の)版も出版されていますが、一般の人には関係ないバージョンですので割愛します。)

Basic Grammar in Use eBook付き版

価格は現時点で4,000円弱です。値段は微妙に変化しているので、最新の値段は販売元で確認してください。

ちなみに現時点で楽天では販売されていません。(2017年9月21日)

Basic Grammar in Use eBookなし版

こちらはテキスト(本)だけのバージョンです。学習をサポートするeBOOKやCD-ROMはないです。

しかし、こちらは現在Amazonでの販売もないので日本で手に入れることはできません。大型の書店で取り寄せは可能かもしれませんが、店頭に並んでいることはないと思います。

ネット上で販売され次第こちらに掲載いたします。

全世界1500万部超の大ベストセラー英文法書で学ぶ「使える英語」

English Grammar in Useは「使える英語」を学ぶための最高の英文法書です。世界中の語学学校で使用され、英語を学ぶ学生と英語を教える教師が愛用し、そして支持する名書。英語基礎力の構築に最適です。

【イギリス英語版】

-初級:Essential Grammar in Use
-中級:English Grammar in Use
-上級:Advanced Grammar in Use

【アメリカ英語版】

-初級:Basic Grammar in Use
-中級:Grammar in Use Intermediate

自分に合う1冊を調べる/最新価格をチェックする

「English Grammar in Useパーフェクトガイド」をSNSでフォローする。

error: 盗用対策としてコンテンツを保護しています。