初心者にもわかるEnglish Grammar in Useの解説 日本人が英語が話せない理由と勉強法

効果的なEnglish Grammar in Useの使い方と英語勉強法

English Grammar in Use(イングリッシュ・グラマーインユース)の使い方について書いてみます。

この本は全世界3200万部(シリーズ累計)の大ベストセラー文法書で、世界中の英語学習者と英語指導者が手に取る本です。

「使い方」といっても2種類あります。1つ目は、本書の勉強をどう進めていくかという意味の「使い方」。2つ目は、本書を活用していかに英語をマスターする(話せるようになる)かという意味の「使い方」。

このサイトに来た方の中には両方の目的の人が混ざっていると思いますので、ここでは双方に回答したいと思います。次の順に書いていきます。

  1. English Grammar in Useの使い方
  2. English Grammar in Useを活用して英語をマスターするための使い方

後半の2の方が長くなっています。本書の学習方法だけを知りたい人は前半の1だけを読んでもらえば大丈夫です。

ただ、誰しも最終目的は「英語を使えるようになりたい」というところにあると思いますので、2まで読んでもらえれば何かしら必ず、今後の英語学習のヒントになるはずです。

 

English Grammar in Useの進め方

English Grammar in Useで勉強する上で大切なスタンスが「愚直に進めていく」ということです。これが最大のコツで最も効果的です。覚えておいて下さい。

English Grammar in Useの見開きの構成はこんな感じです。

English Grammar in Use中身

見開き1ページが1ユニット。145ユニットまであります。結構ボリュームは多いので継続することが大事です。左に文法の解説、右に演習問題があります。

もっと中身について詳しく知りたい人はこちらを参考にして下さい。
English Grammar in Useの中身(PDF)とダウンロード

どこから始めてもいい

ユニット1から始める必要はないです。特にすでにある程度文法知識のある人は、自分が知らない、または理解が浅い部分から集中的に始めていくのがいいです。

著者のRaymondo Murphyさんも、「どのユニットから始めても問題ないように作ってある」と言っています。

演習問題を解く

まず、じっくり左の解説を読みましょう。簡単な英文で書かれていますが、最初は少し苦しいかもしれません。でも1週間もすれば、英語で英語を学ぶことに慣れて、徐々に楽になっていくはずです。同時に音読するのもいいですね。

English Grammar in Useに書かれている文法の解説は面白いのでモチベーションも続きます。英語を学ぼうという気力のある人なら少なからず、その面白みが理解できるハズです。

解説を読んだら、右ページの大量の演習問題をときましょう。本書のエッセンスの一つは、大量の演習問題で英語に慣れるという要素もあります。英語で理解したものを英語でアウトプットする。これが本書の最大のウリです。

細かい事は考えず、毎日愚直に演習問題をこなして1ページずつ進めて下さい。一通りやれば、英語の基礎力は格段にあがります。そして、できれば2周目、3周目と繰り返して基礎力を磨いてくのがいいです。

本書のハイライト(重要ユニット)

僕がこの本で最重要だと思うユニットは、以下の通りです。あくまで個人の感想ですが、どこからはじめて良いか迷っている人は参考にしてください。ここを読むと、今まで学校で習った英語は何だったんだと思ってしまう人も多いと思います。

Unit7~10 – 現在完了
Unit13~16 – 現在完了と過去形、過去完了
Unit19 – 現在時制の未来活用
Unit23 – willとbe going to
Unit38 – if I doとif I did
Unit26~36 – Modals(助動詞)
Unit69~80 – aとthe 単数/複数
Unit137~145 – フレイザル・バーブ(句動詞)

これらのユニットは「本当に使える英語」を理解する上でとても重要なことが書かれているパートです。これらを読めばネイティブの英語を話す感覚のベースが理解できるでしょう。

もちろん英語が母国語であるネイティブは、体で覚えているので文法なんて意識していませんが、英語を第二外国語として学ぶ僕たちは、これらの基礎を机に向かって頭で理解しない限りいつまでたっても「使える」英語には辿り着かないです。

きっとここを読むと、あーそういうことなのかと納得の連続で、英語の本質が少し見えてくるでしょう。

リファレンス的な位置付けで使ってもいい

English Grammar in Useは、文法のリファレンス書として使ってもいいです。これもマーフィーさんが提案している方法です。

要するに、わらからない文法項目に出会ったときに辞書を引くように使う使い方です。

ただし、これは海外で暮らしていたりして実践環境が目の前にある人の使い方ですね。英会話の実践とEnglish Grammar in Useがあれば最強です。

 

【要注意!】English Grammar in Useだけでは英語を話せるようにならない

ここまで、English Grammar in Useの学習の進め方について書いてきました。以降は、本書の活用法について書いていきます。

ご存知の通り、English Grammar in Useは文法書です。良質で実践的なテキストであることに間違いはないですが、これだけを机に向かって一生懸命勉強しても英語を「話せる」ようにはならないです。リスニング、スピーキングの練習はできません。

本書でカバーできるのは下図の青い部分です。

英会話能力チャート_EnglishGrammarInUse

正しい文法、ネイティブが日常で使う英語の実践的な知識はこの本で学ぶことができますが、その知識を「使う」訓練は別にしなくてはいけません。

ここはきちんと理解して下さい。本書はあくまで文法書です。

英語を学習している人のほとんどの人は、文法だけでなく「英語を使えるようになること」を目標としているはずですね。ならば、話す練習は必須です。

以降では、英語を話せる人になるにはEnglish Grammar in Useをどう使っていけばいいのかところを説明していきます。

 

挫折する英語勉強法

まず「挫折する英語勉強法」について少し説明しておきます。なぜ英語学習は継続出来ないかという点です。

English Grammar in Useに限らず、英語の勉強を途中で挫折した経験のある人は多いと思います。「今度こそ!」と奮起してもやはり続かない。続かない理由は、たいてい「途中で英語の勉強がつまらなくなるから」です。つまらない理由は、インプットばかりでアウトプット(実践)の場が無いからです。

現実感のない英語学習はモチベーションが続かない

自転車の乗り方を本や動画で見るばかりで、実際に乗って練習しないのと同じです。上達する達成感も感じられないし、失敗して反省することもない。そして、いつまでたっても自転車を乗りこなせる日はこない。つまらないですね。英語の勉強:インプットとアウトプット

なので必ず、アウトプットすることを意識してください。アウトプットとは「英語を話すこと」「英語を使うこと」です。スピーキングや英会話がそれにあたります。

特に、日本人の英語勉強法はインプット偏重になりがちです。巷でおすすめとされる本やスマホアプリを使って家や通勤時間に勉強するのはいいのですが、読んだり聞いたりばかりではないですか?

日本人の英語力ってこんな感じです。

英会話能力チャート_日本人

せっかくインプットした知識も実践する場がないと真に身につくことはないです。なぜなら、英語は言語であり、口を動かし体で覚えていくものだからです。TOEICや受験勉強が目的なら座学だけでもいいですが、英語を聞いて話して会話する能力を身につけたい人は、英語を話す実践トレーニングをして、発音、リズム、リスニングなども習得する必要があります。

実践がないと英語のリアル(現実感)を感じられないし、「自分の英語が通じる」という体験もできないです。これではモチベーションは継続しないですね。

 

リアルな英語を学ぶためのインプット

インプットについては、ここまで説明してきました。English Grammar in Useが良質なインプットを得るのに最適です。この1冊を徹底的にやりましょう。実践的な英語の知識とネイティブのニュアンスが理解できるはずです。

 

英語を話してアウトプットしよう

では、アウトプットをどうするか。下の赤い部分を強化しないといけません。

英会話能力チャート_弱点

上でも書いたように、本当に英語をマスターするなら実践練習(英会話レッスン)は不可欠です。口を開いて英語を話しましょう。

アウトプットの手段としては、オンライン英会話を利用するのがいいです。便利ですね。

English Grammar in Useで学んだ知識を、英会話の中でネイティブ相手に実践し、使い方を確認していくのがベストです。これが、もっとも効率的に英語をマスターする手段です。もちろん英会話スクール、英会話サークルでもいいですよ。

例えば、English Grammar in Useで現在完了のニュアンスを学んだなら、その感覚を直接外国人講師に確認したり、”had better”と”should”の違いを学んだなら、レッスンで実際に使い分けてみたりすればよいです。そうすることにより、それら1つ1つがその瞬間にあなたの血肉となり、「使える英語」のデータベースにストックされていきます。

さらに、アウトプットすることによって話すために必要な単語、必要な文法知識、通じる表現などを自然と勉強するようになります。目的があるとインプットの質はグンと上がります。

いきなり外国人と英会話が難しい人は?

しかし、英会話ってなかなか始めるのが難しい(恥ずかしい)という人が多いです。自分の英語に自信がないからですね。

また、レベルが低い時にいきなり外国人と英会話を始めても学習効率は悪いです。詰まったり、パニックになったりして無駄な時間を過ごすからです。

いきなりオンライン英会話に抵抗がある人は、今話題の英会話アプリ「スタディサプリENGLISH」があるので、これでしばらく英語を話すことに慣れるてみてはどうでしょうか?

無料お試しスタディサプリ ENGLISH

 

 

英会話アプリ「スタディサプリENGLISH」は初心者におすすめ!

スタディサプリENGLISHアプリ

 

英会話が難しい理由は「恥ずかしいから」「いきなり外国人と話すなんてできない」「自分の英語に自信がないから」ですよね。

特に英語初心者はこういう気持ちが強いと思います。僕も昔同じだったんでよくわかります。ある程度ひとりで話す練習をしてから、本番に臨みたいですよね。

今は便利なもので、これを簡単に解決してくれる優秀なスマホアプリがあります。「スタディサプリ ENGLISH」という英会話アプリです。1人で英会話の練習ができます。

無料お試しスタディサプリ ENGLISH

一人でとことん英語を話す練習ができる

スタディサプリENGLISHは、2017年12月現在iPhoneのアプリストアでNo.1人気の英語学習アプリです。これが凄く高機能でコンテンツも楽しくて実践的です。本当におすすめです。僕もずっと使っています。

英会話アプリ「スタディサプリ ENGLISH」は、僕がこれまで星の数ほどある英会話アプリを試した中で、ダントツにオススメできる優良アプリです。これで、話す力・聴く力を徹底的に磨けます。

見事に日本人の弱点をカバーできます。

英会話能力チャート_スタディサプリ

また、スタディサプリENGLISHのコンテンツはゲームシナリオを作る企業が制作を担当しているので、ストーリーがドラマ仕立てで面白いです。続きが気になってしかたないので自然と英語学習も継続できます。

3〜6ヶ月で確実に英語力UP!

スタディサプリENGLISHでシャドーイング、ディクテーション、スピーキングを徹底的にやって下さい。

このアプリにはリアルな日常英会話が豊富に含まれているので、まずこれで半年くらい英会話の練習をすれば、英語を話すための基礎知識が自然と身につき、同時に実践もこなすことができます。

English Grammar in Useでは伸ばせない英会話力をグングン伸ばすことができます。

実際にこのアプリを使った多くのユーザーが、平均3ヶ月で効果を実感したというデータが報告されています。

 

スタディサプリENGLISHとEnglish Grammar in Useで効果的に英語学習

スタディサプリ日常英会話

スタディサプリENGLISHでスピーキング・リスニングを練習しながら、同時にEnglis Grammar in Useで文法やネイティブのニュアンスなどを確認していけば最高の勉強法になります。

上で紹介した、「インプットとアウトプットをクルクルまわす」理想的な英語学習が実現できます。

スタディサプリENGLISHは1ヶ月無料で試せますので、ぜひ当サイトの下記キャンペーンを利用してください。

【当サイト限定キャンペーン情報】

期間限定キャンペーン中!月額980円⇒816円。無料期間、返金保証もあり!



申し込み途中に出てくる「キャンペーンコード」欄に、当サイト限定のキャンペーンコード(TRY2016)を入力すると無料期間が1週間⇒1ヶ月に延長されます。ぜひ使って下さい。

無料お試しスタディサプリ ENGLISH

特別キャンペーンコードを使った申し込み手順は以下を参考にして下さい。画像付きで説明しています。
【キャンペーンコードを使おう!】スタディサプリENGLISHのお得なはじめ方

スタディサプリEnglishは英会話の独学に本当にオススメです。無料期間を利用してまずはお試ししてみてください。

スタディサプリENGLISHの内容や詳しい使い方、具体的な勉強法については以下の記事を参考にして下さい。

【人気!キャンペーン中】スタディサプリEnglishで楽しく効果的に英語力UP

 

英会話は不可欠!

ある程度、準備が整ったら最終的には外国人と実際に話しましょう。

オンライン英会話なら、『NativeCamp.(ネイティブキャンプ)』がおすすめです。

なぜNativeCamp.(ネイティブキャンプ)』がいいのかというと、NativeCampはレッスン受け放題だからです。月に何回レッスン受けても定額です。他のオンライン英会話で受け放題はないです。

https://nativecamp.net

f:id:mtasam:20160814231043j:plain

英会話のマスターには、大量のアウトプットトレーニングをこなさなくてはいけない。学習初期にそういう時期を必ず作る必要があります。

しかし現実には、日本で働きながら英語漬けの環境を作るというのはかなり難しいです。頻繁に英会話スクールに通ったり、ネイティブとカフェで英会話レッスンしたりしてもいいのですが、すればするほどコストがかかります。それに、1回1時間を週2,3では、全然たりないですよ。

その点、NativeCampのレッスン受け放題を活用すれば、コスト面の負担は気にしなくていいです。時間をしっかり確保して集中的に英語を話す体験をするのがいいです。NativeCampはこれに最適なWebサービスです。

NativeCampは、初心者に優しいのも特長です。はじめは、日本語でカウンセラーが丁寧に案内してくれますので、不安がある人は気軽に相談できるので安心です。

今なら無料体験が1週間あります。この体験期間中もレッスンが受け放題なので、オンライン英会話というものをちょっとだけ覗いてみたいという人にもちょうどいいですよ。無料体験10回やって、やっぱりあわないからやめた、というのもありです。一度のぞいてみてはどうでしょう。

公式サイトNativeCamp.(ネイティブキャンプ)|月額4950円でレッスンが24時間受け放題!


最後に

英語の勉強法はここに書いたものだけが全てではありませんが、僕が思う最高の方法だと思っています。

English Grammar in Useは本当にいい参考書なので、できるだけ多くの人にこの良書を活用してもらって使える英語を身につけてほしいと思っています。

English Grammar in Useに興味を持ちこの本で勉強したいという方は、こちらから自分のレベルにあった1冊を探し、ぜひ手にとって勉強してもらいたいです。

English Grammar in Useの種類と選び方

全世界1500万部超の大ベストセラー英文法書で学ぶ「使える英語」

English Grammar in Useは「使える英語」を学ぶための最高の英文法書です。世界中の語学学校で使用され、英語を学ぶ学生と英語を教える教師が愛用し、そして支持する名書。英語基礎力の構築に最適です。

【イギリス英語版】

-初級:Essential Grammar in Use
-中級:English Grammar in Use
-上級:Advanced Grammar in Use

【アメリカ英語版】

-初級:Basic Grammar in Use
-中級:Grammar in Use Intermediate

自分に合う1冊を調べる/最新価格をチェックする

「English Grammar in Useパーフェクトガイド」をSNSでフォローする。

コメント

コメントは停止中です。

error: 盗用対策としてコンテンツを保護しています。